戸塚区版 掲載号:2019年3月28日号
  • LINE
  • hatena

小雀町在住小間さん 自慢のナシで農水大臣賞 県審査会で高評価

文化

表彰状を手にする小間さん
表彰状を手にする小間さん

 小雀町で「小間果樹園」を営む小間盛夫さん(44)がこのほど、果実の品質などを審査する「2018年度神奈川県果樹立毛共進会」のナシ部門で、最高位にあたる農林水産大臣賞に輝いた。小間さんは「このような賞を頂けて嬉しい」と話す。

 この審査会は、県内の農家がつくった果実の品質や大きさ、土壌管理や園内管理などを比較審査し、総合的に評価するもの。ナシ、ブドウ、ウメ、カキの4部門があり、各部門で優秀賞を得た農家はさらに審査が行われ、うち一軒が農林水産大臣賞に選ばれる。

「手間ひまかける」を重視

 小間さんは、園内で「幸水」や「豊水」、「あきづき」など約10品種を育てており、どれも大玉なのが特長だ。農薬を極力使わず、有機肥料を用いるなどの工夫を凝らしており、今回はこうした部分が高く評価された。

 栽培においては、剪定に注力。12月から3月にかけて余分な枝をこまめに切り落とすことで、養分の吸収を促進させ質の良いナシが育つという。

 また、4月上旬に取りかかる授粉は素早さと正確さを重視。専用の道具を用いて一つひとつ手作業で行う。「手間ひまかけることで、美味しいものに仕上がる」とポイントを語る。収穫されたナシは直売所で販売されるほか、全国の消費者へ発送される。

「喜ぶ顔」糧にまい進

 同園は3代にわたって営まれており、盛夫さんが父・征治さんから引き継いだのは20代の頃。ほかの農園で修業を重ねて技術を習得し、以来「お客さんの喜ぶ顔」を糧に20年間努めてきた。ナシの時季である8月・9月以外でも来客に楽しんでもらおうと、イチゴなども栽培。1年にわたって果実を満喫できる仕組みをつくっている。小間さんは「果物づくりは気候に左右されやすく大変な部分もあるが、しっかりと対策を施して今後も頑張りたい」と話す。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ

5月16日号

歴史積み重ね半世紀

大正ミニバス

歴史積み重ね半世紀

5月16日号

「大踏切」から見た2つの時代

戸塚町在住・桝谷さん語る

「大踏切」から見た2つの時代

5月1日号

水泳でパラ五輪出場狙う

平戸町在住小石昌矢さん

水泳でパラ五輪出場狙う

5月1日号

「地域食堂」で多世代交流促す

大正地区センター

「地域食堂」で多世代交流促す

4月25日号

「心臓リハビリ」普及に着手

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

映画で戸塚の振興目指す

映画で戸塚の振興目指す

6月6日 上倉田町で上映会

6月6日~6月6日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク