戸塚区版 掲載号:2019年4月4日号 エリアトップへ

前田町小林さん家族 「三行詩」で絆深める コンクールで多数入賞

文化

掲載号:2019年4月4日号

  • LINE
  • hatena
(左手前から時計回り)ひかりさん、郁美さん、”横浜ばあば”さん、羽衣さん
(左手前から時計回り)ひかりさん、郁美さん、”横浜ばあば”さん、羽衣さん

 市内の学校に通う児童・生徒とその家族を対象に、三行の詩を募集する「三行詩コンクール」。これに毎年応募し、優秀な成績を残し続けているのが前田町の小林さん家族だ。このコンクールが、家族の絆を深める良いきっかけになっているという。

 「三行詩コンクール」は毎年夏休みの時期に、横浜市PTA連絡協議会が主催。主に「家族」をテーマとし、3行に納まるような短い詩を募集している。昨年度末には同協議会の広報誌「PTAよこはま」紙面上で表彰式の様子が紹介された。

 長男の怜さんが川上小5年生だった2012年度に家族ではじめて応募。この年、怜さんの作品(=表【1】)が入賞している。

 「『短いので簡単そう』という理由ではじめた」と話すのは母の郁美さん。実際に挑戦すると、思いもよらぬ様々な魅力が見えてきたという。とくに直接口にするのが恥ずかしい感謝の気持ちや、見過ごしがちな家族の長所が、三行詩だとスムーズに伝えられることに気が付いた。家族でこの魅力を共有し、以来小林さん宅の夏の恒例に。毎年、各々が賞を獲得してきた。

互いを思う時間に

 長女の羽衣(うい)さん(秋葉中3年)は昨年応募した作品で入賞。母と言い争いをした際、兄の怜さんがフォローしてくれた場面を披露した(=表【2】)。「文章に残すことで、お互い支え合う気持ちを確かめ合えたように思う」と振り返る。

 またこの年は、祖母(ペンネーム:横浜ばあば)の作品が、最高賞にあたる「教育長賞」を受賞。怜さんの「俺のばっちゃん最強だから」という言葉が、酷暑を乗り切るきっかけになったエピソードを描いた。「孫とは離れて暮らしているが、家族がつながるきっかけになっている」という。

 次女のひかりさんは川上小4年時に、三行詩の全国コンクールに選出され佳作を受賞した(=表【3】)。「三行詩を書くのは、いつも目を向けないことに目を向け、その中にある深い意味を見出す時間」と魅力を表現する。

 「来年も家族で挑戦したい」と郁美さん。忙しい日々のなか少し立ち止まり、家族に思いを巡らせるきっかけとして、続けていくという。

11月に2号店オープン!

「体の違和感、改善された“あと”何がしたいか」――。ともに追求します。

https://www.freerom.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

お手柄警察犬2頭を表彰

戸塚署

お手柄警察犬2頭を表彰 社会

行方不明の女子生徒を発見

10月17日号

“第二の人生”を謳歌

区内まち歩きの会

“第二の人生”を謳歌 文化

創立20年超え、活動に勢い

10月17日号

中途障害者の自立に尽力

上倉田町とつかわかば

中途障害者の自立に尽力 社会

脳疾患等の後遺症者 支援

10月10日号

猛禽類でハト等追払い

戸塚駅鳥フン害

猛禽類でハト等追払い 社会

土木事務所が新対策

10月10日号

女子硬式野球部 設立へ

汲沢の人材コンサル会社

女子硬式野球部 設立へ スポーツ

県初の企業チーム誕生に前進

10月3日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

カステラ製造し、半世紀

上矢部町横浜文明堂工場

カステラ製造し、半世紀 文化

南蛮渡来の味を提供

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

声出し体操講座

声出し体操講座

25日 交流広場とつか

10月25日~10月25日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク