戸塚区版 掲載号:2019年4月4日号
  • LINE
  • hatena

前田町小林さん家族 「三行詩」で絆深める コンクールで多数入賞

文化

(左手前から時計回り)ひかりさん、郁美さん、”横浜ばあば”さん、羽衣さん
(左手前から時計回り)ひかりさん、郁美さん、”横浜ばあば”さん、羽衣さん

 市内の学校に通う児童・生徒とその家族を対象に、三行の詩を募集する「三行詩コンクール」。これに毎年応募し、優秀な成績を残し続けているのが前田町の小林さん家族だ。このコンクールが、家族の絆を深める良いきっかけになっているという。

 「三行詩コンクール」は毎年夏休みの時期に、横浜市PTA連絡協議会が主催。主に「家族」をテーマとし、3行に納まるような短い詩を募集している。昨年度末には同協議会の広報誌「PTAよこはま」紙面上で表彰式の様子が紹介された。

 長男の怜さんが川上小5年生だった2012年度に家族ではじめて応募。この年、怜さんの作品(=表【1】)が入賞している。

 「『短いので簡単そう』という理由ではじめた」と話すのは母の郁美さん。実際に挑戦すると、思いもよらぬ様々な魅力が見えてきたという。とくに直接口にするのが恥ずかしい感謝の気持ちや、見過ごしがちな家族の長所が、三行詩だとスムーズに伝えられることに気が付いた。家族でこの魅力を共有し、以来小林さん宅の夏の恒例に。毎年、各々が賞を獲得してきた。

互いを思う時間に

 長女の羽衣(うい)さん(秋葉中3年)は昨年応募した作品で入賞。母と言い争いをした際、兄の怜さんがフォローしてくれた場面を披露した(=表【2】)。「文章に残すことで、お互い支え合う気持ちを確かめ合えたように思う」と振り返る。

 またこの年は、祖母(ペンネーム:横浜ばあば)の作品が、最高賞にあたる「教育長賞」を受賞。怜さんの「俺のばっちゃん最強だから」という言葉が、酷暑を乗り切るきっかけになったエピソードを描いた。「孫とは離れて暮らしているが、家族がつながるきっかけになっている」という。

 次女のひかりさんは川上小4年時に、三行詩の全国コンクールに選出され佳作を受賞した(=表【3】)。「三行詩を書くのは、いつも目を向けないことに目を向け、その中にある深い意味を見出す時間」と魅力を表現する。

 「来年も家族で挑戦したい」と郁美さん。忙しい日々のなか少し立ち止まり、家族に思いを巡らせるきっかけとして、続けていくという。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ

5月16日号

歴史積み重ね半世紀

大正ミニバス

歴史積み重ね半世紀

5月16日号

「大踏切」から見た2つの時代

戸塚町在住・桝谷さん語る

「大踏切」から見た2つの時代

5月1日号

水泳でパラ五輪出場狙う

平戸町在住小石昌矢さん

水泳でパラ五輪出場狙う

5月1日号

「地域食堂」で多世代交流促す

大正地区センター

「地域食堂」で多世代交流促す

4月25日号

「心臓リハビリ」普及に着手

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

映画で戸塚の振興目指す

映画で戸塚の振興目指す

6月6日 上倉田町で上映会

6月6日~6月6日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク