戸塚区版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

新型コロナの影響で小学校への納品ができなくなった野菜5トンの販売に協力した 北原 卓也さん 汲沢在勤 43歳

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena

地域に送る、温かいまなざし

 ○…世界中を混乱に渦に巻き込んでいる新型コロナウイルス。ここ戸塚区もその例にもれず、3月上旬から公立各学校が臨時休校に入ったことから、小学校の給食も中止。戸塚青果市場では、仕入れ済みの野菜が宙に浮いてしまう形に。その対応方法を相談され、所属する戸塚宿ほのぼの商和会、関係がある東戸塚商店会に販売協力を要請したほか、自らのツイッターなどを駆使し、主に戸塚区民に購入を呼びかけた。結果4日間でジャガイモと玉ねぎ、計5トンが完売御礼に。「区民の皆さんの『困ったときはお互いさま』という温かい心に感謝しかない」と目を見開く。

 ○…自らを「社会活動家」と位置付ける。その言葉を裏付けるように、まちの魅力向上を目的としたイベントを企画する、主に区近辺の経営者や会社員からなるNPO法人「りそーるとつか」の理事の一人だ。「SNSを象徴とするような空中のつながりでなく、足元の戸塚の素晴らしさ、身近な人とより良い関係性を築くことにこそ、目を向け、力を注ぐべき」と熱い。

 ○…戸塚区で育つ。高校卒業後、電気通信工事業、営業、マーケティング企画など多様な職業を経験。下北沢のまちづくり振興にも携わるなど、パワフルだ。数年前、汲沢にある家業の自動車修理工場を引き継ぎ、同時にWEBサイト、広告のデザイン制作部門も立ち上げた。「顧客、世間、弊社の三方良しを目指しています」

 ○…トレードマークの顎ひげは「娘を喜ばせようと思ってね」と目を細める。社会、家族への温かいまなざしは均等だ。今回の野菜販売を契機に、改めて地産地消の啓発も行いたいという。「住民が幸せになれる取り組みを継続したい」。終始明快だった。

戸塚区版の人物風土記最新6

落合 嘉弘さん

とつか区民活動センターで不登校生の学習指導、外国籍の子への日本語支援を行う「おっちー塾」の顧問を務める

落合 嘉弘さん

茅ヶ崎市在住 72歳

4月2日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

神奈川区在住 36歳

3月26日号

北原 卓也さん

新型コロナの影響で小学校への納品ができなくなった野菜5トンの販売に協力した

北原 卓也さん

汲沢在勤 43歳

3月19日号

井筒 雄太さん

ご当地アイドル「YOKOHAMA男子」のメンバーとして戸塚駅で路上ライブなどを行う

井筒 雄太さん

市内在住 28歳

3月12日号

石井 正樹さん

10周年を迎えたトツカーナの管理組合理事長を務める

石井 正樹さん

戸塚町在住 55歳

3月5日号

首藤 浩子さん

小学生対象の英語教育ボランティア団体の代表としてパンケーキレースを主催する

首藤 浩子さん

品濃町在住 59歳

2月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第231回

    男のおしゃれ学

    「後悔するなら次に生かせ」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    4月2日号

  • 推進前提に意見公募

    〈連載【11】〉市が方向性素案公表 IRと横浜

    推進前提に意見公募

    4月2日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク