戸塚区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

倉田小学校5年児童 アフリカ文化に触れる 在留邦人と交流会

教育

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
島岡強さん(中央)などから作品を受け取る児童
島岡強さん(中央)などから作品を受け取る児童

 横浜市立倉田小学校(羽山康和校長)は9月3日、アフリカの経済的自立を目指して支援活動をするタンザニア在住の島岡強さん(57)を招き、児童との交流会を行った。

 同校では開催が予定されていた東京五輪に合わせて今年から「国際親善授業」をスタート。とくに5年生は総合の時間を活用して世界各国の理解に努めてきた。同校の羽山校長は「今の生活が当たり前じゃないということを知ってもらうため世界に目を向けてほしかった」と話し、島岡さんに伝手があったことから今回アフリカをテーマに協力を依頼。当初は全校向けだったが密を避けるため5年生を代表にして交流会を初めて実施した。

「貧困をなくしたい」

 タンザニアで輸入卸販売を行う「(株)バラカ」代表の島岡さん。1983年に「もっとも貧しくアパルトヘイトなどもあるアフリカを助けたい」という思いで単身わたり、87年には妻の由美子さんとともに最貧国の一つであるタンザニア・ザンジバル島へ移住。「外国からの援助に頼らない、真の独立を支えたい」と志し、木造船を作り雇用を生んだり、雑貨や芸術作品を輸入卸販売したりと、様々な手段で経済的自立を促してきた。

ティンガティンガ体験

 今回、タンザニアの現代アート「ティンガティンガ」の原画展を市内で主催するため来日した島岡さん。サバンナの動物や豊かな自然などをわずか6色のペンキで色鮮やかに描き出すものだ。

 交流会では自らの経験や考えを児童に伝えたほか、絵画と絵本の寄贈も。その後、児童たちがティンガティンガに挑戦。現地で学んだアーティストから「失敗を恐れずに描いて」と伝えられ、児童はタンザニア文化を実地で学んでいた。島岡さんは「身近な友達が困っていたら支えたいという志をもって過ごして」と語り、女子児童は「日本が幸せで、当たり前じゃないという話が心に残った。志を持って過ごしたい」と話した。

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

司法書士行政書士髙田秀子事務所

実績3,000件以上!相続の専門家が対応(045-410-7622)

https://www.takada-office.biz/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

ビール作りに支援集まる

市大・木原生物学研究所

ビール作りに支援集まる 教育

春と秋の販売目指す

1月14日号

コロナうつ「工夫し解消を」

区内精神科病院院長

コロナうつ「工夫し解消を」 社会

外出自粛時の心構え語る

1月14日号

区内2,876人が門出

成人式

区内2,876人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

コロナ支援策を推進

吉泉戸塚区長

コロナ支援策を推進 社会

「一人ひとりを守りたい」

1月7日号

初の全国優勝を飾る

区内中学生硬式野球クラブ

初の全国優勝を飾る スポーツ

創立7年目での快挙

1月1日号

「コロナ対策、最優先に」

林市長インタビュー

「コロナ対策、最優先に」 社会

IR誘致は継続へ

1月1日号

行政書士浅川事務所

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

健康の目標を立ててみよう!

新年あけましておめでとうございます。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク