戸塚区版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

舞岡高校2年野間さん 男子400m走で関東へ 市内唯一の県3位入賞

スポーツ

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena
笑顔でガッツポーズをする野間さん
笑顔でガッツポーズをする野間さん

 舞岡高校陸上部2年の野間晴喜さん(17)が9月19日に行われた第62回神奈川県高等学校新人陸上競技大会の男子400mで市内唯一の3位入賞。県代表として10月24日から群馬県で行われる関東大会出場権を手にした。

 今大会は3年生が引退し、2年生がメインとなって初めて行われた新人大会。9月上旬に開催された横浜地区予選男子400mで88人中16人が県大会へ進出。野間さんは2位の成績を収めた。惜しくも敗れた相手は普段から切磋琢磨しているチームメイトの西田拓途さんだった。

 迎えた県大会では私立の強豪校がそろう中、野間さん、西田さん2人とも決勝へ進出。49人中、上位3位までが手にする関東大会への切符をかけた戦いで、野間さんが自己ベスト49・33秒をたたき出し3位入賞を果たした。残念ながら西田さんは出場権を得ることができなかった。

ケガを乗り越え出場

 2月に足首のじん帯損傷をするも、痛みに耐えながら練習を続けていた野間さん。目標を定め、気持ちを緩めることはなかった。新型コロナウイルスの流行に伴い、学校が休校になった際にも、自宅近くでの走り込みは欠かさなかったという。

 しかし、痛めた足を使い続けた結果、6月に疲労骨折をしてしまう。悔しい気持ちを抱えながら、体力維持のトレーニングなどに励み、今回の地区予選間近に復帰することができた。

持ち味は前半の加速

 100m・200mに比べ、距離の長い400m。スピードに乗った後いかに持続させるかも重要となる。「元々、得意な前半の加速に加え、後半にもう一度ギアを上げることで今回の記録を出すことができました。関東大会でも自己ベストを出し、決勝に進みたい」と語った。

 また、今後の目標として同校の先輩で昨年の国体男子400mで47・89秒で4位の結果を収めた、平井聖人さんの名前を挙げ「記録を抜きたい」と意気込んだ。
 

戸塚区版のトップニュース最新6

小雀町の団体 1次通過

ヨコハマ市民まち普請事業

小雀町の団体 1次通過 社会

車椅子で集える拠点 提案

10月29日号

事業のオンライン化推進

市内ケアプラ等

事業のオンライン化推進 社会

全館にWi−Fi整備へ

10月29日号

特殊詐欺 阻止件数が倍増

戸塚区

特殊詐欺 阻止件数が倍増 社会

被害額は3700万円減

10月22日号

10月中に素案まとまる

次期とつかハートプラン

10月中に素案まとまる 社会

区民の意見募集開始へ

10月22日号

低糖質どら焼きを開発

横浜医療センター

低糖質どら焼きを開発 社会

原宿の和菓子店と共同

10月15日号

街路灯維持に揺らぐ

市内商店街

街路灯維持に揺らぐ 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク