戸塚区版 掲載号:2020年12月10日号 エリアトップへ

土砂災害レッドゾーン 戸塚区は238区域に 県が調査結果 公表

社会

掲載号:2020年12月10日号

  • LINE
  • hatena
今回公表された、戸塚公園に面するレッドゾーン
今回公表された、戸塚公園に面するレッドゾーン

 神奈川県は11月27日、戸塚区を含む市内4区内の「土砂災害特別警戒区域」(レッドゾーン)の基礎調査結果の公表を行った。それによると、区内では238区域がレッドゾーンとして公表されている。

 土砂災害特別警戒区域とは、大雨などで急傾斜地(高さ5m以上・角度30度以上と規定)が崩壊した場合、建築物が損壊し、住民などの生命や身体に著しい危害が生じる恐れがある区域のこと。「土砂災害警戒区域」(イエローゾーン)をもとに現地調査が行われ、今回結果が公表された。今後は横浜市への意見照会・回答を経て、2020年度中の指定を目指している。

イエローゾーンは278

 戸塚区ではまず、2010年4月に北部、12年2月に南部の警戒区域、計278区域が指定されている。それを踏まえ県は、19年1月から現地調査を実施し、今回238区域の特別警戒区域の公表を行った。

 レッドゾーンに指定された区域は【1】住宅地分譲や特養、幼稚園など特定開発が許可制となる【2】新築住宅などで、安全性の有無が確認される構造規制が行われる【3】崖が崩れ危険性が認知される場合などで住んでいる人に建築物の移転勧告と、移転者への融資や資金の確保の支援措置などが、法律に基づいて実施。

誰でも閲覧が可能

 基礎調査結果は誰でも閲覧可能。「神奈川県土砂災害情報ポータル」で検索するほか、横浜川崎治水事務所(横浜西合同庁舎内4階・西区岡野2の12の20)の窓口でも。

 県担当者は「レッドゾーンで必ずしも土砂災害が発生するとは限らないが、万が一に備え、今回の公表情報を取得し、自身が住む地域の特性を把握した上で対策を取ってほしい」と話す。

 全国地すべりがけ崩れ対策協議会によると、土砂災害(がけ崩れ・土石流・地滑り)は全国で07年から16年の10年間で1万511件発生している。そのうち、神奈川県は681件で、鹿児島県(863件)、新潟県(773件)に次ぐ多さとなっている。

戸塚区版のトップニュース最新6

県保健衛生表彰を受賞

品濃町苅谷さん

県保健衛生表彰を受賞 社会

戸塚区内で唯一

7月22日号

初のシニアスマホ講座

戸塚区

初のシニアスマホ講座 社会

コロナ禍の“交流”促進狙う

7月22日号

試合中の避難訓練を体験

サッカーチーム所属児童

試合中の避難訓練を体験 教育

戸塚に本部置く団体 企画

7月15日号

通告・相談件数が過去最多

横浜市児童虐待

通告・相談件数が過去最多 社会

社会的関心の高まり背景

7月15日号

コロナ禍の中、七夕飾り

戸塚小南戸塚小児童

コロナ禍の中、七夕飾り コミュニティ教育

商店会「喜ばせたい」と企画

7月8日号

2年連続中止に

八坂神社「お札まき」

2年連続中止に 文化

コロナ感染防止のため

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ゴスペルコンサート参加者募集

【Web限定記事】戸塚ゴスペルコンサート実行委員会

ゴスペルコンサート参加者募集

初心者歓迎 全4回のプロ指導

7月1日~7月31日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter