戸塚区版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

区内精神科病院院長 コロナうつ「工夫し解消を」 外出自粛時の心構え語る

社会

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスの再拡大を受け、政府は1月8日、緊急事態宣言を発令した。不要不急の外出自粛で人との関わりが減少し、情報過多のなか危惧されるのが、心のバランスが崩れる「コロナうつ」だ。本紙では600床の入院設備を持つ精神科病院で横浜市から認知症疾患医療センター指定も受ける「横浜舞岡病院」の加瀬昭彦院長に、宣言下でのメンタル面のケアや心構えなどを聞いた。

 --精神科医から見てメンタル面での心配点はありますか。

 「一般的に言えることとしてはやはり、閉じこもりがちの生活を余儀なくされた”気分”への影響です。いわゆる抑うつ気分だったりだとか、ストレスを発散する場所がなくてフラストレーションがたまってしまうだとかがまず挙げられます。閉じこもってしまうと生活リズムが乱れ、スマホやゲームにのめり込んでしまうこともあり、それが依存症へのきっかけにもなりかねません。

 あともう一つは、とくにご高齢の方、人との関わりが乏しくなってしまうと、認知機能への悪影響も考えられます。物忘れがあるものの日常生活に支障がない、いわゆる軽度の認知症状の方が悪化した話が昨年の緊急事態宣言下でありました。認知機能の維持には、コミュニケーションを取り続けることが重要です」

 --自殺者が増えていると聞きます。”コロナうつ”でしょうか。

 「コロナうつは病名ではありませんが、メカニズムとしては考えられます。とくに産後はうつになりやすく、面会ができずサポートがない、相談したくても会えない状況には注意が必要です」

「適度な運動を」

 --ケアの方法は。

 「できるならオンラインででもコミュニケーションを取り、難しい場合は電話などを活用して、自分の不安を解消するように心がけてください。一言もしゃべらずに一日が終わってしまう人もいますが、それはまずい。人と関わるように工夫を。

 また、適度な運動はメンタル面にとてもいいです。規則正しい生活、食事、睡眠、生活リズムを整えることが大事です」

 --日々のニュースで不安になっている方がいます。アドバイスを。

 「コロナそのものは、もともとあったウイルスです。テレビにかじりついて、感染者が何人出たなど、数字に一喜一憂するのはよくありません。重症化しやすい高齢者などは気を付けなくてはいけませんが、恐怖をあおるような情報に振り回されてはいけません。もしコロナにかかっても責任を感じすぎないように。かかろうと思ってかかる人はいません。周りの人も理解を。コロナは『正しく恐れる』ことが大切です」
 

啓進塾 新入塾生を募集

本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

現職2氏の一騎打ちか

衆院選5区

現職2氏の一騎打ちか 政治

今秋までに解散総選挙へ

2月25日号

集団接種、戸塚はスポセン

新型コロナワクチン

集団接種、戸塚はスポセン 社会

市、3月下旬から順次通知

2月25日号

横浜・戸塚区の17製造業を冊子で紹介

【Web限定記事】区が販路拡大・人材確保に協力

横浜・戸塚区の17製造業を冊子で紹介 経済

2月18日号

CO2削減に向け、範示す

【Web限定記事】戸塚区選出の議員団

CO2削減に向け、範示す 社会

北海道下川町のカーボン・オフセット・クレジット購入

2月18日号

こども食堂で青少年育成

区内企業グループ運営NPO法人

こども食堂で青少年育成 コミュニティ社会

戸塚小前にあす開店

2月11日号

一般会計 初の2兆円台に

横浜市21年度予算案

一般会計 初の2兆円台に 社会

コロナ対応で膨張

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ベビーマッサージ講座

【Web限定記事】赤ちゃんとの絆づくりに

ベビーマッサージ講座

3月12日舞岡柏尾地域ケアプラザ(横浜市戸塚区)

3月12日~3月12日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク