戸塚区版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

市大・木原生物学研究所 ビール作りに支援集まる 春と秋の販売目指す

教育

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena

 小麦研究で知られる横浜市立大学木原生物学研究所(舞岡町)が取り組むクラフトビール作り。昨年から続くコロナ禍によって麦栽培や資金面で打撃を受け、クラウドファンディング(CF)で資金協力を募っている。1月10日には目標額を突破し、春と秋の新たなビール作りに向け動き始めている。

 同研究所では2017年に初めて自家栽培のビール大麦を使ったクラフトビールを製造会社のサンクトガーレン(厚木市)で製造し、販売した。昨年3月には卒業や新生活を祝う思いを込め、桜の花と葉を加えた桜餅風味のクラフトビール「KORNMUTTER(コルンムッター)SAKURA」を作った。

 だが昨年、コロナ禍で学生の通学は出来なくなり、収穫期となる4、5月に研究や手入れを十分に行えなかった。地元農家の協力で収穫はしたものの、3密回避のため収穫後の人手や管理不足からモルト(麦芽)が作れず、廃棄せざるを得なくなった。さらに、リモート授業で大学再開後も、麦畑での行事や次シーズンに向けた費用捻出のためのビール販売などが行えず、プロジェクトは資金面でも打撃を受けた。

学内外から資金協力

 一時は今年のビール作りをあきらめたが「今だからこそ思いをつなげて笑顔と元気を届けたい」と昨年12月にCFを立ち上げた。CFのWEBサイト「READYFOR(レディーフォー)」には学内外から応援メッセージと共に寄付金が集まり1月10日に目標額の60万円を突破。以前に栽培し保存していた小麦を副原料に使い、3月に桜餅風味のクラフトビールを作る。さらなる支援が集まれば、現在栽培している大麦で秋にも新たなビールを作ろうと計画している。理学部3年生の高橋完治さんと鈴木悠斗さんは「ビールと共に明るいニュースを届け、小麦研究を通じてSDGsに貢献したい」と話す。支援は2月1日まで。
 

戸塚区版のトップニュース最新6

火災件数 市内ワースト2

戸塚消防署管内

火災件数 市内ワースト2 社会

前年比は最も増加

1月21日号

伝統文化存続に貢献

東俣野凧の会

伝統文化存続に貢献 文化

近隣小学校で長年指導

1月21日号

ビール作りに支援集まる

市大・木原生物学研究所

ビール作りに支援集まる 教育

春と秋の販売目指す

1月14日号

コロナうつ「工夫し解消を」

区内精神科病院院長

コロナうつ「工夫し解消を」 社会

外出自粛時の心構え語る

1月14日号

区内2,876人が門出

成人式

区内2,876人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

コロナ支援策を推進

吉泉戸塚区長

コロナ支援策を推進 社会

「一人ひとりを守りたい」

1月7日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

司法書士行政書士髙田秀子事務所

実績3,000件以上!相続の専門家が対応(045-410-7622)

https://www.takada-office.biz/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リモートで戸塚の天体観測

【Web限定記事】横浜の星空さんぽ解説

リモートで戸塚の天体観測

2月13日・20日 踊場地区センター主催

2月13日~2月20日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク