戸塚区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

上倉田町小野ファーム 食品安全の国際規格取得 アイス製造工場が評価

経済

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena
長沼工場で登録証を手にする久保清美副工場長
長沼工場で登録証を手にする久保清美副工場長

 上倉田町に本社を構える(株)小野ファーム(小野利和社長)の「横濱アイス工房」の製造工場(栄区長沼町)が4月23日、食品安全管理の国際規格である「FSSC22000」の認証を受けた。中小規模の事業所での認証は珍しく、国内でも数件だという。

 FSSC22000は食品安全マネジメントシステムの最高峰となる国際規格で、認証機関の一つ(株)日本環境認証機構が判定した。国内取得事業所数は2706あり(5月10日現在)栄区では唯一、戸塚区でも2件だ。

 横濱アイス工房長沼工場の従業員は現在7人。2019年に食品安全管理のガイドライン「HACCP」認証を取得。その有効期限となる今年6月を前により厳しい国際規格を目指し、従業員らがチームを組み1年以上かけて課題解決に奔走した。1月に同機構の審査員が一次審査に訪れ、3月の二次審査では4日間かけてチームと審査員が議論の上、さらなる課題が出された。そして同機構の判定委員会から4月23日、認証を受けた。

衛生管理の記録が要

 規格で求められるのは、消費者に安全な食品提供を行うための管理システムの確立。同社の大友晃顧問によると、一番苦労したのは「管理の記録」だと話す。上倉田町の牧場から生乳を工場へ運搬し、アイスとして出荷するまでの温度管理や殺菌工程、時間、量などを逐一記録し、追跡調査ができる仕組み作りを行った。さらに衛生管理徹底のため、アイスをカップに詰める充填機を手動から自動に切り替え、ビニールの内蓋ができるようにした。久保清美副工場長は「チームで会議を重ねて規格に対する理解を深められた。これをきっかけにより多くの人に知ってもらえたら」と喜びを語った。

充填機導入で生産効率も向上
充填機導入で生産効率も向上

平成横浜病院

身体の痛みにお悩みの方、整形外科外来へご相談ください!

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

児童600人に演技披露へ

戸塚町元五輪体操選手

児童600人に演技披露へ 教育

「夢に向かう大切さ」伝える

12月2日号

人権作文、市大会で優秀賞

秋葉中日向野さん

人権作文、市大会で優秀賞 教育

妹の障害通じ「可能性」探る

12月2日号

高齢者の口腔内乾燥 研究

横浜薬科大田口准教授ら

高齢者の口腔内乾燥 研究 社会

学術大会で最優秀賞

11月25日号

上瀬谷新交通に参画せず

シーサイドライン

上瀬谷新交通に参画せず 社会

開業の見通し不透明に

11月25日号

ロードレースで全国優勝

南舞岡山本さん

ロードレースで全国優勝 スポーツ

自転車競技で50代トップ

11月18日号

依存症対策の計画策定

横浜市

依存症対策の計画策定 文化

横の連携で早期支援へ

11月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook