戸塚区版 掲載号:2021年9月2日号 エリアトップへ

区内各団体 "集まれない"に危機感 コロナ「密」対策の反動

社会

掲載号:2021年9月2日号

  • LINE
  • hatena
多くの祭りが中止の中昨年9月に行われた神輿
多くの祭りが中止の中昨年9月に行われた神輿

 昨年から続く新型コロナウイルス流行に伴い、全国で「密」を避けるための対策が講じられている。戸塚区も例外ではなく、区内で活動する各団体が「集まれない」という悩みを抱えながら、「収束するまでは仕方がない」とあきらめ混じりの声を漏らしている。

地域交流の減少

 区内では昨年2月頃から各団体のイベントの中止が相次ぎ、活動に大きな制限がかかっている。

 身近な団体の1つ自治会・町内会では、例年祭りなどのイベントを開催し、住民同士の交流を図ってきた。しかし、昨年からほとんどの催しが中止され、地域によっては、毎年役員が変わる中、引き継ぎができず、収束しても再び開催できるのか危ぶまれるケースも。区連合町内会自治会連絡会の相澤稔会長は「集まれたとしても時間が短く、実りのある話し合いができない。来年は祭りなどができるのか全く見当がつかず、いつまでも身動きできない」と苦しい胸中を明かす。

 住民だけでなく、区内に通う学生と地域の交流の機会も奪われている。学生による地域イベントの参加や派遣が盛んに行われてきた明治学院大学(上倉田町)では、現在はそのほとんどが中止に。同校担当者は「地域交流は難しくなっており危機感もある。学生の意思を絶やさないために、新たな取り組みを模索している最中」と語った。

活動縮小を危惧する声も

 区内で手工芸や美術の講師が30人ほど集まり、情報交換や区民に向けた講座・イベント開催を行ってきた「とつかアートプロジェクト」。これまでは会議でそれぞれが挑戦したいことを提案し合い、イベントなどを実現してきた。しかし活動が制限されるいまは、士気が低下している会員も出てきているという。同会の亀谷進さんは「このままでは会員離れが起こり、団体の活動規模が変わってしまうかもしれない。コロナが落ち着かないから仕方がないのだが」と肩を落とした。
 

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

自転車競技の大会で活躍

東俣野小松浦君

自転車競技の大会で活躍 スポーツ

LA五輪出場狙う

10月14日号

市、バス維持への意見募る

区南西部路線

市、バス維持への意見募る 社会

運行効率化図る

10月14日号

切断障害者 遠藤氏を支援

区内商店主ら

切断障害者 遠藤氏を支援 スポーツ

W杯(サッカーワールドカップ)見据え練習に協力

10月7日号

「ベイジュニ」に選出

戸塚小河内君

「ベイジュニ」に選出 スポーツ

950人の中から区内唯一

10月7日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

9月30日号

管理用通路 市が再整備へ

芙蓉橋から宇田川橋左岸

管理用通路 市が再整備へ 社会

地域住民の願い前進

9月30日号

平成横浜病院

生活習慣病の予防検診のご案内

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新 社会

  • 9月2日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

舞岡の粘土使用の陶器市

舞岡の粘土使用の陶器市

10月30日、31日 かねこふぁ〜む

10月22日~10月22日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook