戸塚区版 掲載号:2021年9月2日号 エリアトップへ

区内各団体 "集まれない"に危機感 コロナ「密」対策の反動

社会

掲載号:2021年9月2日号

  • LINE
  • hatena
多くの祭りが中止の中昨年9月に行われた神輿
多くの祭りが中止の中昨年9月に行われた神輿

 昨年から続く新型コロナウイルス流行に伴い、全国で「密」を避けるための対策が講じられている。戸塚区も例外ではなく、区内で活動する各団体が「集まれない」という悩みを抱えながら、「収束するまでは仕方がない」とあきらめ混じりの声を漏らしている。

地域交流の減少

 区内では昨年2月頃から各団体のイベントの中止が相次ぎ、活動に大きな制限がかかっている。

 身近な団体の1つ自治会・町内会では、例年祭りなどのイベントを開催し、住民同士の交流を図ってきた。しかし、昨年からほとんどの催しが中止され、地域によっては、毎年役員が変わる中、引き継ぎができず、収束しても再び開催できるのか危ぶまれるケースも。区連合町内会自治会連絡会の相澤稔会長は「集まれたとしても時間が短く、実りのある話し合いができない。来年は祭りなどができるのか全く見当がつかず、いつまでも身動きできない」と苦しい胸中を明かす。

 住民だけでなく、区内に通う学生と地域の交流の機会も奪われている。学生による地域イベントの参加や派遣が盛んに行われてきた明治学院大学(上倉田町)では、現在はそのほとんどが中止に。同校担当者は「地域交流は難しくなっており危機感もある。学生の意思を絶やさないために、新たな取り組みを模索している最中」と語った。

活動縮小を危惧する声も

 区内で手工芸や美術の講師が30人ほど集まり、情報交換や区民に向けた講座・イベント開催を行ってきた「とつかアートプロジェクト」。これまでは会議でそれぞれが挑戦したいことを提案し合い、イベントなどを実現してきた。しかし活動が制限されるいまは、士気が低下している会員も出てきているという。同会の亀谷進さんは「このままでは会員離れが起こり、団体の活動規模が変わってしまうかもしれない。コロナが落ち着かないから仕方がないのだが」と肩を落とした。
 

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

「主体性」育むプレゼン大会

深谷中3年生

「主体性」育むプレゼン大会 教育

再開した修学旅行で挑戦

6月30日号

5区は戸塚・泉のみに

衆院区割り案

5区は戸塚・泉のみに 政治

瀬谷区が13区へ

6月30日号

VR訓練システムを開発

戸塚消防署長

VR訓練システムを開発 社会

産学官連携 初の公開

6月23日号

子どもの学習支援に貢献

戸塚無料塾

子どもの学習支援に貢献 教育

設立5年 運営が充実化

6月23日号

フォーラムで交流促進

転勤・単身赴任 妻の会

フォーラムで交流促進 コミュニティ社会

リアルな悩みを共有

6月16日号

市がひきこもり相談窓口

中高年向け

市がひきこもり相談窓口 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月16日号

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook