戸塚区版 掲載号:2021年9月9日号 エリアトップへ

上倉田町早瀬さん 外務大臣賞を受賞 日独の相互理解に貢献

文化

掲載号:2021年9月9日号

  • LINE
  • hatena
表彰状を手にする早瀬さん
表彰状を手にする早瀬さん

 上倉田町在住の早瀬勇さん(86)が、日本とドイツの交流強化に尽力してきた功績を認められ、8月20日に外務大臣表彰を受賞した。早瀬さんは「1人では成し遂げられなかった。励みにしてこれからも両国の交流に関わっていきたい」と喜びを語っている。

 日本と諸外国との友好親善関係の増進に貢献をしている人の中で、とくに大きな功績を残した個人や団体に贈られる外務大臣表彰。今年度は個人が177人(国内在住者22人)選ばれている。早瀬さんは日独の交流などに貢献した6人の受賞者の1人として、サッカー元日本代表の長谷部誠選手などと肩を並べた。

半世紀の活動認められ

 半世紀にわたり、日独の相互理解の促進に努めてきた早瀬さん。ドイツとの出会いは29歳のとき。旧東京銀行(現三菱UFJ銀行)に勤めていた際に、1年間の語学留学を経験。

 その後は各国の支店へ勤務し、40年前の帰国時に区内へ越してきた。為替の専門家として国連の天然ゴム市場に関する会議で政府代表代理を務めるなど、国内外で活躍。その経験もあり、大学から声がかかり2001年からは石川県金沢市の大学で教授を務めた。

 その間、05年と06年に日独両政府が推進した相互理解を深めるキャンペーン活動に協力。当時学長を務めていた金沢星稜大学主催で、ドイツの大学や企業から要人を招き、経営フォーラムを企画した。

 大学教授の役目を終え、10年からは駐日ドイツ大使館からの要請で設置された横浜日独協会の初代会長に就任。両国の中小企業を招いたセミナーやハンブルクから来日した日独の親善大使の歓迎会の主催など、さまざまな場面で両国の交流強化に尽力。現在は横浜日独協会の名誉会長と全国日独協会連合会の副会長も務める。区内でも自宅で妻とともにドイツ料理の講習会を行ったり、所属する小田急分譲地自治会でドイツの近況を語ったりして、地域住民からも親しまれてきた。こうした長年の多岐にわたる活躍が外務大臣表彰受賞にいたった。

 早瀬さんは「これまで多くの支えてくれた人がいたから受賞できた。国と国の関係性は政府間のやり取りだけでなく、一般市民の歴史的背景を超えた交流がなければ成熟しない。これからも日独の交流に貢献したい」と語っている。
 

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

横浜市新型コロナワクチン情報

4回目接種対象は60歳以上の方全員と18〜59歳の基礎疾患がある方等です

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

平成横浜病院

横浜市の健診・検査

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

知的障害者国際マッチ 出場

戸塚町齊藤さん

知的障害者国際マッチ 出場 スポーツ

サッカー日本代表選手に

7月7日号

ウクライナ支援を継続

横浜市

ウクライナ支援を継続 社会

6月補正予算 新規事業も

7月7日号

「主体性」育むプレゼン大会

深谷中3年生

「主体性」育むプレゼン大会 教育

再開した修学旅行で挑戦

6月30日号

5区は戸塚・泉のみに

衆院区割り案

5区は戸塚・泉のみに 政治

瀬谷区が13区へ

6月30日号

VR訓練システムを開発

戸塚消防署長

VR訓練システムを開発 社会

産学官連携 初の公開

6月23日号

子どもの学習支援に貢献

戸塚無料塾

子どもの学習支援に貢献 教育

設立5年 運営が充実化

6月23日号

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月7日0:00更新

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook