戸塚区版 掲載号:2021年10月7日号 エリアトップへ

区内商店主ら 切断障害者 遠藤氏を支援 W杯(サッカーワールドカップ)見据え練習に協力

スポーツ

掲載号:2021年10月7日号

  • LINE
  • hatena
練習中の遠藤選手
練習中の遠藤選手

 戸塚町の「まめの木薬局」を経営する薬剤師でアンプティサッカー(切断者サッカー)の日本代表経験もある遠藤好彦選手(42)を支えようと、戸塚宿ほのぼの商和会の会員などからなる地元有志が動き出している。来秋開催予定のW杯の選考会が控える中、新型コロナで遠藤選手のプレー機会が損なわれているとして、毎週のように戸塚町のフィールドを借り練習相手になるなど、42歳の挑戦に力を貸している。

 アンプティサッカーとは1980年代に発案された7人制のサッカーのこと。フィールドプレーヤーの下肢切断者はクラッチという杖を使ってプレーし、ゴールキーパーは上肢切断者が務める競技だ。

 遠藤選手は平日は薬剤師として薬局を経営。週末になると埼玉にある所属チームで練習を重ね、2018年にメキシコで行われたW杯にMF(ミッドフィルダー)として初選出、世界10位の成績を残している。しかし新型コロナウイルスの影響でチームの練習が停滞。遠藤選手は「日本代表の選考会などが今年中には始まる中、ここ最近も緊急事態宣言で練習が思うようにできなかった」と振り返る。

「いくつになっても」

 この話を聞きつけ、企画を発案したのが汲沢在勤の北原卓也さん(45)だ。「商店会員でもある遠藤選手の練習不足を地域の力で解消したい」と商店会の会員らに声をかけ、9月3日に10数人がサッカーフィールドに集結。遠藤選手は「42歳ですが日本代表をもう一度目指してみたい」と宣言し、参加者も「いくつになっても、何かを目指していい」と応援。ともにボールを追いかけた。

 これを機に区内在住高校生、大学生なども参加し、毎週のように遠藤選手のプレー機会を提供。遠藤選手は「非常にありがたく有意義な時間を過ごせている」と謝意を示し、北原さんは「地域にいる遠藤選手の熱い思いを、地域一丸となって応援したい」と話した。

遠藤選手を囲む地元有志
遠藤選手を囲む地元有志

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

「主体性」育むプレゼン大会

深谷中3年生

「主体性」育むプレゼン大会 教育

再開した修学旅行で挑戦

6月30日号

5区は戸塚・泉のみに

衆院区割り案

5区は戸塚・泉のみに 政治

瀬谷区が13区へ

6月30日号

VR訓練システムを開発

戸塚消防署長

VR訓練システムを開発 社会

産学官連携 初の公開

6月23日号

子どもの学習支援に貢献

戸塚無料塾

子どもの学習支援に貢献 教育

設立5年 運営が充実化

6月23日号

フォーラムで交流促進

転勤・単身赴任 妻の会

フォーラムで交流促進 コミュニティ社会

リアルな悩みを共有

6月16日号

市がひきこもり相談窓口

中高年向け

市がひきこもり相談窓口 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月16日号

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook