戸塚区版 掲載号:2021年10月7日号 エリアトップへ

区内商店主ら 切断障害者 遠藤氏を支援 W杯(サッカーワールドカップ)見据え練習に協力

スポーツ

掲載号:2021年10月7日号

  • LINE
  • hatena
練習中の遠藤選手
練習中の遠藤選手

 戸塚町の「まめの木薬局」を経営する薬剤師でアンプティサッカー(切断者サッカー)の日本代表経験もある遠藤好彦選手(42)を支えようと、戸塚宿ほのぼの商和会の会員などからなる地元有志が動き出している。来秋開催予定のW杯の選考会が控える中、新型コロナで遠藤選手のプレー機会が損なわれているとして、毎週のように戸塚町のフィールドを借り練習相手になるなど、42歳の挑戦に力を貸している。

 アンプティサッカーとは1980年代に発案された7人制のサッカーのこと。フィールドプレーヤーの下肢切断者はクラッチという杖を使ってプレーし、ゴールキーパーは上肢切断者が務める競技だ。

 遠藤選手は平日は薬剤師として薬局を経営。週末になると埼玉にある所属チームで練習を重ね、2018年にメキシコで行われたW杯にMF(ミッドフィルダー)として初選出、世界10位の成績を残している。しかし新型コロナウイルスの影響でチームの練習が停滞。遠藤選手は「日本代表の選考会などが今年中には始まる中、ここ最近も緊急事態宣言で練習が思うようにできなかった」と振り返る。

「いくつになっても」

 この話を聞きつけ、企画を発案したのが汲沢在勤の北原卓也さん(45)だ。「商店会員でもある遠藤選手の練習不足を地域の力で解消したい」と商店会の会員らに声をかけ、9月3日に10数人がサッカーフィールドに集結。遠藤選手は「42歳ですが日本代表をもう一度目指してみたい」と宣言し、参加者も「いくつになっても、何かを目指していい」と応援。ともにボールを追いかけた。

 これを機に区内在住高校生、大学生なども参加し、毎週のように遠藤選手のプレー機会を提供。遠藤選手は「非常にありがたく有意義な時間を過ごせている」と謝意を示し、北原さんは「地域にいる遠藤選手の熱い思いを、地域一丸となって応援したい」と話した。

遠藤選手を囲む地元有志
遠藤選手を囲む地元有志

戸塚区版のトップニュース最新6

高齢者の口腔内乾燥 研究

横浜薬科大田口准教授ら

高齢者の口腔内乾燥 研究 社会

学術大会で最優秀賞

11月25日号

上瀬谷新交通に参画せず

シーサイドライン

上瀬谷新交通に参画せず 社会

開業の見通し不透明に

11月25日号

ロードレースで全国優勝

南舞岡山本さん

ロードレースで全国優勝 スポーツ

自転車競技で50代トップ

11月18日号

創立40周年の節目

戸塚区民オーケストラ

創立40周年の節目 文化

来年2月に記念演奏会

11月11日号

依存症対策の計画策定

横浜市

依存症対策の計画策定 文化

横の連携で早期支援へ

11月11日号

緑化推進で県知事賞

戸塚区の団体

緑化推進で県知事賞 コミュニティ社会

四半世紀の活動を評価

11月4日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

日本海オセアンリーグ運営事務局

大洋建設の応援する滋賀球団と北陸3県でプロ野球新独立リーグを設立

http://www.ocean-group.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook