戸塚区版 掲載号:2021年10月14日号 エリアトップへ

県政報告 101 盛土造成地の情報開示へ 神奈川県議会議員 北井宏昭

掲載号:2021年10月14日号

  • LINE
  • hatena

 今年7月、熱海市内で発生した盛土による土石流災害は大変痛ましく記憶に残りました。このことから現在、国主導のもと全国一斉に盛土の総点検を実施しています。

 一方、県では「大規模盛土造成地の宅地耐震化」に以前から取り組んでおります。そしてH26年度からは「2次元の大規模盛土造成地マップ」も公表しています。

マップを3次元化へ

 防災・減災は、そこに存在する「リスクを知ること」が大原則です。

 盛土の安定性を評価するためには「造成地の規模の把握」や「地下水の存在やその量」「盛土の高さ」「元の地山の形状・勾配」などが重要なファクターとして挙げられています。そのため私は、4年前の県議会でマップの3D化を要望。そして今月の議会で、その後の3D化の進捗状況を確認したところ、担当課長から「今後の防災措置の必要性を宅地所有者に対し説明する際に、試行的に3Dマップを作成し活用する」との答弁。まずは住民への説明用からのスタートですが、早急にすべてを3D化するよう求めました。

リスク公表が大事

 過去の地震災害の事例では、宅地が造成された年代によって、被災状況に違いが生じています。そのためにも県民には、宅地が造成された年代も示すべきと訴えました。

 今では水害のハザードマップは当たり前ですが、以前は「浸水想定地域の土地の評価が下がる」などと抵抗がありました。急傾斜地のレッドやイエローも明らかにするようになりました。

 何も脚色せず、ありのままの情報を県民に提供することが行政の役目であると申し添えました。

北井宏昭

戸塚区戸塚町3870‐1

http://www.kitai-hiroaki.jp

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

ウィズコロナの「新しい日常」を創り出す

国政報告

ウィズコロナの「新しい日常」を創り出す

前内閣官房副長官 衆議院議員 さかい学

10月14日号

人にささげる政治をあなたに

人にささげる政治をあなたに

衆議院議員 山崎誠

10月14日号

盛土造成地の情報開示へ

県政報告 101

盛土造成地の情報開示へ

神奈川県議会議員 北井宏昭

10月14日号

コロナ対策の矛盾解消を

県政報告 100

コロナ対策の矛盾解消を

神奈川県議会議員 北井宏昭

9月30日号

国会・県会と連携し、コロナ対策前進

皆様の声をカタチに! 市政報告

国会・県会と連携し、コロナ対策前進

横浜市会議員 中島みつのり

9月23日号

大切なのは持続可能な財政の確立

横浜市会報告

大切なのは持続可能な財政の確立

横浜市会議員 鈴木太郎

9月9日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新 社会

  • 9月2日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook