戸塚区版 掲載号:2021年10月21日号 エリアトップへ

プロ棋士で自伝『泣き虫しょったんの奇跡』の著者として戸塚図書館主催で講演する 瀬川 晶司さん 南舞岡在住 51歳

掲載号:2021年10月21日号

  • LINE
  • hatena

「将棋は人生の宝」

 ○…講演会のテーマは「夢をあきらめない」。一度はプロ棋士という夢をあきらめたが”将棋が好き”という思いから逆境を乗り越えてきた経験を語る。「私と同じ戸塚区民の方を前に話が出来るのは光栄なこと。何かに打ち込むことは人生の財産。それを伝えたい」

 ○南舞岡小1期生。小学5年のときに将棋に熱中し、唯一のプロ養成機関である「奨励会」に中学生で入会を果たす。舞岡高校卒業後も将棋に打ち込みプロを目指してきたが、実績を残せなければ退会という年齢制限を前に26歳で挫折。「目標が絶たれ全てが無駄だったと将棋を恨んだ。同級生はすでに社会人で、自分だけ取り残されたと思っていた」と話す。

 ○…夢破れ、絶望感を抱えながら通ったのが戸塚図書館。読書や勉強をしていると自然と心が落ちつき、前へ進めるように。翌年には27歳で大学へ。初のアルバイト挑戦など、一変した生活の中で、将棋を通して学んだ経験が生かせたことから「無駄な時間ではなかった」と気づき、趣味として将棋を再開。卒業後はサラリーマンとして働きながら、アマチュア大会に出場し優勝。幾度となくプロとの対局で勝利し始めると、周囲からプロ入り嘆願を勧められた。戦後、奨励会を退会後のプロ入り事例はなかったが、連盟に持ちかけたところ、特例で試験の機会を与えられ、35歳で夢を叶えた。一躍時の人となり、著した自伝は映画化もされた。「将棋があったから、多くの人に出会い人生が豊かになった。将棋は私の人生の宝」

 ○…趣味は温泉通いや水泳。長時間にわたり対局するため、体力づくりに気を使っている。コロナ下の最近は、料理にも力を入れ、「揚げたてのから揚げは最高。片付けが面倒ですけど」と照れ笑いを浮かべた。

戸塚区版の人物風土記最新6

渡邉 泰雄さん

横浜薬科大学元教授で一般社団法人パクチーアカデミー協会の理事長を務める

渡邉 泰雄さん

戸塚区在勤 73歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

服部 一弘さん

11月5日に東戸塚でボランティア講座を行う「横浜移動サービス協議会」の理事長

服部 一弘さん

上矢部町在住 58歳

11月4日号

菊田 清美さん

西武東戸塚S.C.の館長に今秋就任した

菊田 清美さん

横浜市内在住 55歳

10月28日号

瀬川 晶司さん

プロ棋士で自伝『泣き虫しょったんの奇跡』の著者として戸塚図書館主催で講演する

瀬川 晶司さん

南舞岡在住 51歳

10月21日号

田中 實さん

創立70年以上の歴史を持つ戸塚区美術協会の会長

田中 實さん

吉田町在住 84歳

10月14日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

日本海オセアンリーグ運営事務局

大洋建設の応援する滋賀球団と北陸3県でプロ野球新独立リーグを設立

http://www.ocean-group.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook