戸塚区版 掲載号:2022年4月28日号 エリアトップへ

戸塚区拠点フードバンク団体 コロナ禍のひとり親 支援 “助け合い”で地域作り

社会

掲載号:2022年4月28日号

  • LINE
  • hatena
提供食品の準備をするメンバー
提供食品の準備をするメンバー

 コロナ禍で経済的にひっ迫するひとり親家庭支援のために設立した、戸塚区を拠点とする「NPO法人フードバンク浜っ子南」(下山洋子代表理事)が4月から食品提供回数を増やしている。"助け合い"の気持ちで、地道な活動を継続中だ。

 個人・団体・企業などから余剰食品の寄付を受け、必要とする人に提供するフードバンク。同団体は2020年、下山代表理事ら5人で活動を開始した。新型コロナウイルスの感染が始まった年で、社会全体が自粛ムードに包まれたなか、経済活動は低下。雇止めなどで収入が途絶える人が多く見られた時期だ。

 支援対象はひとり親家庭。特に収入が低いシングルマザーだ。同年7月、フードバンクかながわの支援を受け、1回目の食品支援を戸塚区総合庁舎で行った。「子育てをしつつ、苦しい経済状況に追い込まれている方が多かった」と下山代表理事は振り返る。

野菜も提供

 同団体は活動をひとり親家庭に食品提供をする「フードパントリー」、こども食堂などに食品を提供する「フードデリバリー」、食品の寄付を募る「フードドライブ」の3つに整理。特に力を入れる「パントリー」は南区、磯子区へと拡大し、今年4月からはこれまでの月4回から5回に回数も増やしている(戸塚区の会場は上倉田地域ケアプラザとこまちカフェ)。

 ポイントは食品集め。下山代表理事によると、この2年余りで、地元企業などとの付き合いが深まり、寄付が増え、現在は提供食品の半分以上を自前で用意できるようになっているという。それに伴い食品を収納する倉庫を借りたほか、利用者に希望食品のアンケートを実施、常温保存食品に加え、野菜や冷凍食品の提供も始めている。

 下山代表理事は「ご利用者の多くは一人で悩みを抱え込んでいる。地域で助け、助けられる関係性を築きたい」と語る。同団体では食品の寄付を募っている(常温保存食品・未開封)。問い合わせは【メール】smile@fbh-minami.orgへ。

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

VR訓練システムを開発

戸塚消防署長

VR訓練システムを開発 社会

産学官連携 初の公開

6月23日号

子どもの学習支援に貢献

戸塚無料塾

子どもの学習支援に貢献 教育

設立5年 運営が充実化

6月23日号

フォーラムで交流促進

転勤・単身赴任 妻の会

フォーラムで交流促進 社会

リアルな悩みを共有

6月16日号

市がひきこもり相談窓口

中高年向け

市がひきこもり相談窓口 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月16日号

戸塚区に操縦者養成校

県ドローン協会

戸塚区に操縦者養成校 社会

災害時の活用を期待

6月9日号

世界水泳へ初挑戦

上矢部町出身水口知保選手

世界水泳へ初挑戦 スポーツ

地域の力を背に 18日開幕

6月9日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook