戸塚区版 掲載号:2022年5月5日号 エリアトップへ

区内NPO所属学生 子ども育成に一役 リアルな居場所作る

コミュニティ教育

掲載号:2022年5月5日号

  • LINE
  • hatena
品濃中央公園で行われる「戸塚ワールド」(写真上)。追いかけっこ「脱走中」は人気企画だ。
品濃中央公園で行われる「戸塚ワールド」(写真上)。追いかけっこ「脱走中」は人気企画だ。

 不登校、引きこもり、いじめなどの子どもを取り巻く問題は、SNSの普及により一層複雑化しているように見える。こうした社会情勢のなか、子どもの"リアルな居場所作り"を進めているのが、学生が運営主体を担う、NPO法人戸塚てらこや。22年度からはコロナ感染状況を踏まえつつも、対面でのイベントを再開するなど意欲的だ。

 「生き生きと自ら輝く力を身につけて」--。

 同団体は江戸時代の「寺子屋」をモデルに、身近な場所で子どもたちにさまざまな学びの機会を提供しようと、地域の会社員や経営者、主婦らが2014年に設立したもの。運営主体は明治学院大生など20歳前後の学生ボランティア。戸塚区内の小学生を主な対象に、イベントや遊びなどを通じて「感動体験」を届けることを目的に活動を続けている。

自主企画事業が目玉

 具体的には、毎月1回、品濃中央公園を会場にした「戸塚ワールド」を開催。あえてやることを決めず、当日の雰囲気でドッジボールをしたり、夏は水遊びをしたり、会話をしたりする。3カ月に1回の「イベント事業」は、学生が一から企画を練っていく熱が入ったもの。オリジナル流しそうめんやクリスマスパーティー、人気テレビ番組を模した追いかけっこなどで交流を深める。このほか学童訪問、野外炊事やキャンプファイヤーを体験する夏キャンプ、コロナ禍後も活動を続けるため、オンラインでコミュニケーションを図ってきた。

 学生代表の池田優菜さんは、「地域密着型が特徴。コロナ禍後、この4月から対面の企画を始めています。イベントに多くの子どもたちが参加してくれると嬉しい。皆さんにお会いできることを楽しみにしています」と笑顔で語る。

 戸塚てらこや理事長の川口大治さんは「学生にとっては、社会に出る前の社会経験的な意味も大きい」とし、「最近では社会人となったかつてのメンバーがまた運営をサポートしてくれるケース、小学生だった参加者が大学生になり、運営側に回ってくれるケースも。今後も地域の子どもたちの成長の一助を果たしたい」と話す。

 5月14日(土)、午後2時から4時まで、品濃中央公園を会場に「戸塚ワールド」が行われる。問い合わせは【メール】totsukaterakoya@gmail.com。

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

VR訓練システムを開発

戸塚消防署長

VR訓練システムを開発 社会

産学官連携 初の公開

6月23日号

子どもの学習支援に貢献

戸塚無料塾

子どもの学習支援に貢献 教育

設立5年 運営が充実化

6月23日号

フォーラムで交流促進

転勤・単身赴任 妻の会

フォーラムで交流促進 社会

リアルな悩みを共有

6月16日号

市がひきこもり相談窓口

中高年向け

市がひきこもり相談窓口 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月16日号

戸塚区に操縦者養成校

県ドローン協会

戸塚区に操縦者養成校 社会

災害時の活用を期待

6月9日号

世界水泳へ初挑戦

上矢部町出身水口知保選手

世界水泳へ初挑戦 スポーツ

地域の力を背に 18日開幕

6月9日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook