戸塚区版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

JICA横浜 海外移住資料館が一新 多文化共生の理解深化に

文化

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena
触れることができるジオラマ。展示を楽しむ工夫も
触れることができるジオラマ。展示を楽しむ工夫も

 みなとみらい新港地区にある、国際協力機構(JICA)横浜の海外移住資料館が4月26日、開館20周年に合わせて、リニューアルオープンした。資料を追加し、音声ガイドや点字解説を導入するなど視聴覚展示を拡充。日本人移住者やその子孫に関する歴史と現在の姿を伝え、幅広い世代に多文化共生への理解を広げていきたい考えだ。

 今リニューアルでは、音声ガイドや点字解説、触れて学ぶことができるジオラマを導入するなど、ユニバーサルデザインを強化。これまでモノクロだった写真をカラー化するなど、誰もが分かりやすく見やすい展示を心掛けている。

 また、ブラジル・アリアンサ移住地の開拓風景を再現したトリックアートなどを上映する3面映像シアターなど体験型の展示も設置。校外学習で利用しやすいよう、子ども用の解説や体験学習コーナーも新設した。

 中には、移住者が渡航先に持って行ったものを考える、クイズ形式の展示も。箱の中には渡航先で役立った道具などが入っており、楽しく体感しながら学ぶことができるという。

 そのほか、海外の日系博物館の館長インタビューや、国内で活躍する日系人のインタビュー映像も充実している。

 25日に同所で開かれた関係者による式典で、JICAの井本佐智子理事は「今後、これまで以上に日本での定住を求める外国人の来訪を見込むため、多文化共生に向けた準備が急務。日本における多文化共生社会を考える上でのヒントを提示していけたら」と話した。

 同資料館は北中南米への日本人移住の歴史と日系人の暮らしを紹介するため、2002年に開館。これまで延べ60万人以上が訪れている。

 入館無料。午前10時から午後6時(入館は5時30分)まで。月曜(祝日の場合は翌日)休館問い合わせは同館【電話】045・663・3257。

関係者らがテープカット
関係者らがテープカット

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

VR訓練システムを開発

戸塚消防署長

VR訓練システムを開発 社会

産学官連携 初の公開

6月23日号

子どもの学習支援に貢献

戸塚無料塾

子どもの学習支援に貢献 教育

設立5年 運営が充実化

6月23日号

フォーラムで交流促進

転勤・単身赴任 妻の会

フォーラムで交流促進 社会

リアルな悩みを共有

6月16日号

市がひきこもり相談窓口

中高年向け

市がひきこもり相談窓口 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月16日号

戸塚区に操縦者養成校

県ドローン協会

戸塚区に操縦者養成校 社会

災害時の活用を期待

6月9日号

世界水泳へ初挑戦

上矢部町出身水口知保選手

世界水泳へ初挑戦 スポーツ

地域の力を背に 18日開幕

6月9日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook