神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
戸塚区版 公開:2022年5月19日 エリアトップへ

上矢部高校生徒 ザンビアに卒業生の靴を 国際奉仕 150足寄贈

教育

公開:2022年5月19日

  • LINE
  • hatena
梱包したシューズを前にする同好会の生徒
梱包したシューズを前にする同好会の生徒

 県立上矢部高等学校の社会奉仕クラブ「インターアクト同好会」が現在、不要になった卒業生の体育館シューズ150足をアフリカ・ザンビアに寄贈しようと出荷作業を行っている。5月下旬には協力団体やNGOを通じ、現地に向けて船便で発送する予定だ。

 インターアクト同好会には、現在約30人の生徒が所属。市内で行われる多文化共生イベントへの参加、秋の文化祭での募金活動などを行っているが、寄贈は昨年度から実施。前回はコロナ禍で出荷が遅れたが、今回は計画通り卒業生の靴を回収し、洗浄、乾燥、梱包と順調に作業が進んでいるという。

 活動のきっかけは、同校へ5年前に赴任した顧問の八木澤千鶴教諭が、前任校で同様の取組みを行っていたことによるもの。赴任した際に「上矢部の生徒は能力はあるのに控えめな子が多い。グローバル社会において国際的な活動ができるんだという自信を持ってもらいたかった」として、生徒有志を集め開始。前任校で協力を受けていた横浜南陵ロータリークラブ(南区)が、上矢部でも船便費用などの協力ができるという申し出があり実現した。

感染防止に一助

 出荷に協力するNGOによると、裸足の人が多いアフリカでは、ガラス片の危険や爪から侵入する寄生虫などが問題視されており、靴で感染拡大が防げる調査結果が出ているという。また、現地の子どもたちに靴が配布されることで、通学への高いモチベーションにもつながっているとする。

 八木澤教諭は「本来捨てられてしまう靴を活用でき、日本製で丈夫なので感謝もされる。なにより生徒から子どもへ渡るとてもいい活動」と説明する。梱包作業に携わった塙愛菜さん(1年)は「もともとアフリカの話を聞いていたので、靴を送ることで多くの人が幸せになるように」と願いを込め、峯木俊輔部長(2年)は「少しでも子どもたちが過ごしやすくなってくれればうれしい」と語った。

サイズごとに梱包された体育館シューズ=提供写真
サイズごとに梱包された体育館シューズ=提供写真

戸塚区・泉区版のトップニュース最新6

上飯田から全国優勝

中学女子硬式野球

上飯田から全国優勝

地域クラブの「オール京急」

5月23日

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

5月23日

読書活動で文科大臣賞

戸塚区川上小

読書活動で文科大臣賞

端末活用し、言語力向上へ

5月16日

河川功労者表彰を受賞

泉区の水辺愛護会

河川功労者表彰を受賞

日頃の清掃活動など評価

5月16日

「ミツバチに親しんで」

戸塚区矢部町

「ミツバチに親しんで」

戸塚の「百花蜜」づくり始動

5月9日

子育て支援に新施策

泉区

子育て支援に新施策

当事者、事業者を後押し

5月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

戸塚区・泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

戸塚区・泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook