神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
戸塚区・泉区版 公開:2024年3月21日 エリアトップへ

102歳を迎えてなお、元気にスローライフを楽しむ 山口 キヌさん 平戸在住 102歳

公開:2024年3月21日

  • X
  • LINE
  • hatena

「くよくよせず生きるのよ」

 ○…3月15日で102歳の誕生日を迎えたが、軽やかな足取りと陽気な話しぶりは、一切年齢を感じさせない。週6回、多機能施設に通いながら、二階建ての自宅で一人スローライフを送る。料理や掃除は自ら行うこともあり、晴れた日には階段を上って洗濯物を干しに行く。「102歳なんてびっくりね。いつの間にこんなに生きちゃったのかしら」。わはは、と少女のような笑顔を見せる。

 ○…大正11(1922)年東京都で、5人きょうだいの三女として生まれる。「真ん中だったから、周りにちやほやされることもなくてね」。注目を集めたい反動もあり、独学で得意にした裁縫やミシンを生かして、隣近所の子どもの服を直した記憶は鮮明だ。戦中、空襲から避難して妹と自宅に戻ると、見知らぬ大人が数人で家を占拠しており「退いてくださいって追い払ったの」。生活のため妹のため、そして自分のために勇気を持って立ち向かった経験は「嫌なことは嫌って言わなきゃだめ」とその後の時代を生きる術になった。

 ○…60年ほど前に、職業軍人だった夫と戸塚に移り住み、現在の居を構えた。2人の息子夫婦には必要以上に干渉しないことをポリシーにしている。「お互いに優しくね。嫌われちゃったら困るから」と、隣に座る74歳の長男を覗き込み、笑いを誘った。

 ○…長生きの秘訣は「くよくよしないことね」ときっぱり。一方で「歩けなくなるのが怖い」と吐露した。雨戸の開け閉めをする音で、隣家の高齢者と互いの無事を確認するのが最近の日課だ。近所の人や施設職員の助けを借りる部分もありながら、102年目を生きる一人暮らしの教訓は「深入りはダメ。でも周りに親切に仲良く」

戸塚区・泉区版の人物風土記最新6

永木 宏一郎さん

この春から戸塚図書館の館長に就任した

永木 宏一郎さん

中区在住 60歳

5月23日

小檜山 ルイさん

フェリス女学院大学で今年4月から学長を務める

小檜山 ルイさん

都筑区在住 66歳

5月16日

阿部 英弥さん

この春から泉消防署の署長に着任した

阿部 英弥さん

和泉中央北在勤 49歳

5月9日

河野 宏紀さん

4月から戸塚消防署の署長に着任した

河野 宏紀さん

戸塚町在勤 53歳

5月2日

永吉 和弘さん

この春から戸塚警察署署長に着任した

永吉 和弘さん

戸塚町在勤 54歳

4月18日

小山内 章さん

この春から泉警察署の署長に着任した

小山内 章さん

泉区和泉町在勤 54歳

4月11日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

戸塚区・泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

戸塚区・泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook