栄区版 掲載号:2014年5月15日号 エリアトップへ

横浜市 樹木医導入で事故防止へ 約2万8000本を点検

社会

掲載号:2014年5月15日号

  • LINE
  • hatena
青葉区美しが丘の歩道並木
青葉区美しが丘の歩道並木

 横浜市は街路樹の倒伏を防止するために、ベッコウタケなどの菌が寄生しやすい8種類、約2万8000本を対象に、今年度から4年かけて、樹木医による点検を開始する。

 市内には現在13万本を超える街路樹があり、景観形成や大気浄化などの役割を果たす一方で、枯れ枝の落下や倒伏などによって事故が起きる恐れがある。先日も川崎市で枝が落下し、女児が負傷する事故が起きたばかりだ。港北区日吉本町のNPO法人「自然への奉仕者・樹木医協力会」の安部鉄雄理事長によると、「ベッコウタケは根株の内部から腐らせる菌。見た目は健全でもキノコを出している時点でかなり腐っており、突然根元から倒れることもある」という。

 対象樹種はユリノキ、サクラ類、ケヤキ、プラタナス、エンジュ、ポプラ類、シダレヤナギ、ニセアカシアの8種類。点検期間は6月から9月末を予定。樹木医による点検で、菌の寄生があるかを確認し、進行具合によって、伐採などの対応を検討するとしている。

 市は「人が多く集まる駅周辺など、リスクが大きいと考えられるところから優先的に点検を実施していく」と話している。

栄区版のローカルニュース最新6

木村さんが楽しさ伝える

木村さんが楽しさ伝える スポーツ

サッカー教室に約70人

2月23日号

小学校に税の解説本寄贈

市内7法人会

小学校に税の解説本寄贈 社会

授業での活用を期待

2月23日号

「子どもの貧困」考える

「子どもの貧困」考える 社会

区社協が研修会

2月23日号

3月末までに配布開始

ヘルプマーク導入へ(上)

3月末までに配布開始 社会

2月23日号

3種目で初の全国大会へ

3種目で初の全国大会へ スポーツ

セントラル本郷台・児嶋さん

2月23日号

入学前に園児が交流

入学前に園児が交流 教育

たっちーらんどでフェス

2月23日号