金沢区・磯子区版 掲載号:2012年2月23日号
  • googleplus
  • LINE

市政報告 将来にツケ。「ビジョンなき『おもてなし予算』」 横浜市会議員 しのはら豪(37歳)

tvk番組で来年度予算の課題を追及
tvk番組で来年度予算の課題を追及

 2月18日、平成24年度予算案を討論するテレビ番組『予算市会の焦点』に会派を代表して出演しました。

 この番組は、横浜市の予算編成を前に、各会派の代表者が、予算議会(3月23日まで)にどういう姿勢で臨むのかを明らかにする、年1回の、重要な番組です。

 これまで林市長は「おもてなしの精神」をモットーに掲げ市政を運営してきましたが、今回案の印象は、厳しく見れば「ビジョンなきおもてなし予算」です。

 その最大の理由は、財源不足の117億円について市債を増発し、増額予算を組んだことです。

 これまで横浜市は、市債増発に頼らない財源確保に取り組んできましたが、残念ながら借金を返そうと決めたこの約束を、破ってしまったのです。

 今の時代、本来なら将来にツケを回す借金増ではなく、歳出削減や、横浜市にある10兆円の資産利活用から財源を生み出し、その中でやりくりをするのが当たり前です。

 実際に、神奈川県や周辺自治体の川崎市は、震災対応の充実を大前提に、苦しい中でも減額予算を組んで、必要な資金を知恵をしぼって捻出しています。

 横浜だけ、市民に痛みを強いることを決めようとしている裏側で、実は市側は誰も痛んでいないのです。行政も身を切らない姿勢が問題視される中、外部に対し広くあまねく対応し、時代の流れに逆行したお金のバラマキに見える今回の「全方位型予算」は、一体誰をおもてなししているのか?

 こうした流れは、市民として誰かが歯止めをかけねばなりません。

 だからこそ、市民の代表者であり、現在と将来の横浜市民に対して責任ある立場から、時として厳しいことを言いますが、明るい未来のため「活力あふれる新たなる横浜の元気づくり」に向け、ビジョンをもって臨みますので、今後の活動にご期待ください。
 

横浜市会議員 篠原(しのはら)豪

横浜市金沢区富岡西2-7-20

TEL:080-4209-0468

http://lets-go-yokohama.jp/

金沢区・磯子区版の意見広告・議会報告最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク