金沢区・磯子区版 掲載号:2013年9月5日号
  • googleplus
  • LINE

さくら茶屋にししば 地域に子どもの居場所を 9月1日にオープン

社会

(写真右)子どもが遊べるキッズスペースを設置(写真上)開設を祝う参加者
(写真右)子どもが遊べるキッズスペースを設置(写真上)開設を祝う参加者
 NPO法人さくら茶屋にししば(岡本溢子理事長)が9月1日、西柴ショッピングセンター内に「さくらカフェ」を開設した。「さくら茶屋」の開設から4年、新たな地域交流の場としての活躍が期待される。

 「さくらカフェ」が9月1日、西柴にオープンし、開設式に西柴の住民や関係者約80人が集まった。岡本理事長は「いきいきとした商店街のために努力していきたい」と話した。

 「子どもが放課後を安心して過ごせて、多世代間が交流できる場を作りたい」という目的で生まれた同所は、西柴ショッピングセンターの空き店舗を改装して作られた。運営は約70人のボランティアで組織される「NPO法人さくら茶屋にししば」が行う。

 立ち上げが決まったのは今年1月。きっかけは、よく「水を飲ませて」とさくら茶屋に来ていた西柴小学校の児童だった。「家に帰って飲みなさい」と注意しても何度も来るため話を聞くと、両親の帰りが遅く、寂しがっていることがわかった。「核家族化と高齢化が進む西柴地区には、地域で子どもを育てる場所が必要だと思った」と岡本さんは話す。

 子どもの居場所の確保には広い敷地がいると判断し、2件隣の空きテナントを借りた。約350万円の予算が見込まれたが、「さくら茶屋」の売上のほか、バザーを開催しながらすべて自前で工面した。

 およそ90平方メートルの敷地に厨房、大小4つのテーブルがあり、軽食を提供する。玩具が置かれた「キッズスペース」のほか、黒板が設けられ、自由に落書きができる。また希望者は設置されたレンタルボックスで物品などを展示・販売できる。

 営業は毎週月曜から金曜までで、時間は午前10時から午後5時30分(午後3時以降は児童へ解放の予定)。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

磯子区2校から部活大賞

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

ベンチプレス全日本選手権

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

2月15日号

「住み続けたい」「愛着」7割超

磯子区民意識調査

「住み続けたい」「愛着」7割超

2月8日号

富岡・能見台で見守り試験

京急電鉄富士通

富岡・能見台で見守り試験

2月8日号

「根岸に新たなにぎわいを」

若者支援団体K2グループ

「根岸に新たなにぎわいを」

2月1日号

金沢高・谷澤選手が快走

都道府県対抗駅伝

金沢高・谷澤選手が快走

2月1日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク