金沢区・磯子区版 掲載号:2014年2月27日号 エリアトップへ

椿ヶ丘簡易郵便局 約2年ぶりの再開 新局長に北川さん

社会

掲載号:2014年2月27日号

  • LINE
  • hatena
「頑張っていきたい」と北川局長=中央
「頑張っていきたい」と北川局長=中央

 2012年4月より閉鎖していた椿ヶ丘簡易郵便局(富岡西)が2月24日、約2年ぶりに業務を再開した。周辺住民にとっては念願の業務開始。当日は朝から、利用者の姿が見られた。

 「待ちに待っていた。再開はとってもありがたい」。開局当日、業務開始とともに同局を利用した山岡和子さん(75・富岡西在住)は笑顔で話した。山岡さんは閉局中、バスを使い、杉田郵便局まで足を運んでいたという。

 一時閉局する以前、約40年間局長を務めてきた後藤佳子さん(80)は、「新しい局長が見つかり、ほっとしている。皆さんにご不便をかけていた」と話す。

 簡易郵便局は一般的な郵便局とは異なり、個人事業主や法人に日本郵便が業務を委託する形態をとる。局長が辞めた場合、後任を公募する。同局も募集を続けていたが、約2年間決まらなかった。

 再開を望む住民の声は多く、富岡第一地区連合町内会(夏目重雄会長)は、金沢郵便局に要望を出していた。定例会で再開決定の報告があった瞬間は、大きな拍手と歓声が上がったという。

 局長に就任した北川浩子さん(53)は「開局の準備中、住民の方が『待ってました』と声をかけてくれた。これから頑張っていきたい」と話す。

約40年前に設置

 富岡西地区は、富岡郵便局や杉田郵便局いずれにも距離があり、簡易郵便局が必要とされていた。初代局長の後藤さんは、当時郵政省に勤めていた夫に勧められ、開局を決意。一日平均で約60人が、同局を利用していたという。「地域の人との交流が楽しかった」と振り返る。

 しかし閉鎖直前は耳が遠くなり、業務にも支障が出始めていたという。「もっと続けてくれという声も聞いていたが、潮時かなと思った」と思いを明かす。

 新局長の北川さんは静岡県出身。「元々郵便局の仕事をしており、楽しいと思っていた。主人とは『定年退職したらふたりで楽しく郵便局をやろう』と話していた」という。

 そんな折、椿ヶ丘簡易郵便局が局長を募集していることを知り、応募。「主人の定年はまだだが、良い機会と思い、静岡から引っ越してきた」。今後は、北川さんと妹2人、息子、そして後藤さんの5人体制で営業していく。

 同局では、郵便局と同じく、郵便、貯金、為替、振替、保険などの基本的な窓口業務を行う。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「封筒すり替え型」被害急増

キャッシュカード振り込め詐欺

「封筒すり替え型」被害急増 社会

警察署「新手口に注意して」

11月14日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月14日号

いじめ認知件数、過去最多

公立 小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

11月7日号

過去6年で最も早い流行

インフルエンザ

過去6年で最も早い流行 社会

金沢区の患者数は市内1位

11月7日号

パラ馬術代表選考会でV

富岡東在住稲葉選手

パラ馬術代表選考会でV スポーツ

出場権獲得が濃厚に

10月31日号

阿弥陀如来、市文化財へ

磯子区真照寺

阿弥陀如来、市文化財へ 文化

「貴重な歴史的資料」

10月31日号

高まる重要性 活用に本腰

ハザードマップ

高まる重要性 活用に本腰 社会

市、「規模超え溢水ある」

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク