金沢区・磯子区版 掲載号:2014年2月27日号 エリアトップへ

椿ヶ丘簡易郵便局 約2年ぶりの再開 新局長に北川さん

社会

掲載号:2014年2月27日号

  • LINE
  • hatena
「頑張っていきたい」と北川局長=中央
「頑張っていきたい」と北川局長=中央

 2012年4月より閉鎖していた椿ヶ丘簡易郵便局(富岡西)が2月24日、約2年ぶりに業務を再開した。周辺住民にとっては念願の業務開始。当日は朝から、利用者の姿が見られた。

 「待ちに待っていた。再開はとってもありがたい」。開局当日、業務開始とともに同局を利用した山岡和子さん(75・富岡西在住)は笑顔で話した。山岡さんは閉局中、バスを使い、杉田郵便局まで足を運んでいたという。

 一時閉局する以前、約40年間局長を務めてきた後藤佳子さん(80)は、「新しい局長が見つかり、ほっとしている。皆さんにご不便をかけていた」と話す。

 簡易郵便局は一般的な郵便局とは異なり、個人事業主や法人に日本郵便が業務を委託する形態をとる。局長が辞めた場合、後任を公募する。同局も募集を続けていたが、約2年間決まらなかった。

 再開を望む住民の声は多く、富岡第一地区連合町内会(夏目重雄会長)は、金沢郵便局に要望を出していた。定例会で再開決定の報告があった瞬間は、大きな拍手と歓声が上がったという。

 局長に就任した北川浩子さん(53)は「開局の準備中、住民の方が『待ってました』と声をかけてくれた。これから頑張っていきたい」と話す。

約40年前に設置

 富岡西地区は、富岡郵便局や杉田郵便局いずれにも距離があり、簡易郵便局が必要とされていた。初代局長の後藤さんは、当時郵政省に勤めていた夫に勧められ、開局を決意。一日平均で約60人が、同局を利用していたという。「地域の人との交流が楽しかった」と振り返る。

 しかし閉鎖直前は耳が遠くなり、業務にも支障が出始めていたという。「もっと続けてくれという声も聞いていたが、潮時かなと思った」と思いを明かす。

 新局長の北川さんは静岡県出身。「元々郵便局の仕事をしており、楽しいと思っていた。主人とは『定年退職したらふたりで楽しく郵便局をやろう』と話していた」という。

 そんな折、椿ヶ丘簡易郵便局が局長を募集していることを知り、応募。「主人の定年はまだだが、良い機会と思い、静岡から引っ越してきた」。今後は、北川さんと妹2人、息子、そして後藤さんの5人体制で営業していく。

 同局では、郵便局と同じく、郵便、貯金、為替、振替、保険などの基本的な窓口業務を行う。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「ちょこっとボラ」設立

磯子地区

「ちょこっとボラ」設立 社会

地域の支え合い築く

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

地域交通で移動支援

金沢区富岡西地区

地域交通で移動支援 社会

実用化見据え、利便性拡大

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

防災拠点に2施設確保

汐見台自治会連合会

防災拠点に2施設確保 社会

県団地住宅福祉協会と協定

10月8日号

ママ夢ラジオ実現 後押し

杉田在住あやかさん

ママ夢ラジオ実現 後押し コミュニティ文化

16・17日、Zoomで初イベント

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク