金沢区・磯子区版 掲載号:2014年6月26日号 エリアトップへ

横浜高剣道団体 13年ぶり県制覇 悲願のインハイ出場

掲載号:2014年6月26日号

  • LINE
  • hatena
優勝した団体メンバー(同校提供)
優勝した団体メンバー(同校提供)

 横浜高校(能見台)剣道部が6月14日、全国高校総合体育大会(インターハイ)県予選会の剣道男子団体で優勝を掴んだ。同部団体の県制覇は13年ぶり2度目の快挙。悲願だった地元開催のインターハイ出場権を手にした。

 4強が総当たりする決勝リーグは、常に1位の座に君臨する桐蔭学園高校(青葉区)や、今春の全国選抜で3位まで上りつめた東海大学付属相模高校(相模原市)など強豪が残った。

 桐蔭戦は先鋒、次鋒と2連敗。2対3で黒星をつけるも、中堅、副将の勝利がチームに望みを持たせた。「同じ試合の中で流れを取り戻せたことが良かった」と加藤公一監督は話す。

 後がなくなり迎えた東海大相模戦は、リーグ戦全勝の中堅、副将が活躍し3対1で勝利。続く鎌倉学園高校(鎌倉市)も3対2で下し、決勝リーグ3試合の勝者数で優勝を決めた。「迷いがなかった。出来すぎなくらい試合内容が良かった」と加藤監督は称賛する。「最後に掴んだインターハイの切符。湧き上がるものがあり、できることなら飛び上がりたい気分だった」と話すのは大将の澤田祐太部長。涙する選手もいたという。「絶対に行くんだという気持ちの面が強かった」と振り返った。

気持ちで勝利掴む

 体の小さい選手が多い同部。「99%は地元出身。ずば抜けた選手はいない」と加藤監督。県制覇は「地元開催のインターハイを目標にしてきた結果」と話す。強い気持ちを持って入部を志願したメンバーばかりだ。

 特別な秘策がある訳ではなかった。剣道以外の生活面を正し、応援される部になろうと徹底してきた。遠征先でのマナーや授業態度など「1番怒った代かも」と加藤監督は笑う。それに加え「団結力が必要だと声をかけてきた」と澤田部長。精神面が徐々に充実し、成長が見られてきたという。

 今大会、精神面の強さを発揮したのが東海大相模戦。負けられない試合を前に「まだチャンスはある。今までやってきたことを最後に発揮しないでどうすると、チームの心を一つに臨んだ」と澤田部長は話す。「頼もしい仲間とここまで来られた。インターハイでは優勝を目指し、練習を積み重ねていきたい」と意気込んだ。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

倉敷王将戦で準優勝

山王台小菅谷君

倉敷王将戦で準優勝 文化

全国大会高学年の部で

1月20日号

4月以降は上昇傾向か

横浜市景況調査

4月以降は上昇傾向か 経済

飲食・宿泊業は厳しさ続く

1月20日号

「住み続けたいまち」へ

金沢区長インタビュー

「住み続けたいまち」へ 社会

コロナ禍も工夫し前進

1月13日号

立ち上がり歩み出す年に

磯子区長インタビュー

立ち上がり歩み出す年に 社会

安全・安心第一に事業推進

1月13日号

磯子区初の最優秀作品に

杉田小平松さん

磯子区初の最優秀作品に 教育

青少年指導員活動の一環

1月6日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 政治

反転攻勢に強い意欲

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

感染症など題材に講演

感染症など題材に講演

2月12日、金沢公会堂で

2月12日~2月12日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook