金沢区・磯子区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

環状交差点 柳町に県内初導入 新交通ルールが適用

社会

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena

 柳町の住宅地中央にある円形の交差点で3月20日から、新しい交通ルールの適用が始まった。新ルールで規制される交差点は「環状交差点(ラウンドアバウト)」と呼ばれる。昨年9月の改正道路交通法の施行に伴い、神奈川県内で初めて導入された。

 環状交差点は一時停止の標識がなく、車両は徐行で進入後、時計回りに通行しなければならない。交差点への進入時はウインカー操作の必要がないが、希望する道路に出る際は、左側のウインカー表示をしなければならない。

 昨年9月の改正道路交通法施行まで、円形の交差点を規制する交通ルールがなく、車両が逆時計回りをした場合は道交法上の問題はなかったが、今後は違反として取り締まられる。

事故抑止に期待

 柳町の円形交差点は1966年の宅地造成に伴って作られた。中央に彫刻家の清水多嘉示製作の「母子像」があり、町内のシンボルとされている。柳町内会の富川清会長(77)は「景観の良い住宅地を作るために、このように珍しい交差点が作られたのでは」と話す。

 柳町住民にとっては「慣れ親しまれた」道路だが、「初めて来る人にはわかりづらかったと思う」と富川会長。今回、道路標識が新たに設置されることでルールが明確化され、「事故の恐れがより減ってくれれば」と期待を寄せる。富川会長によると、これまで人身事故の記録はないが、逆時計回りに進入する車が時折見られたという。

欧米で積極的導入

 国土交通省は2013年から、環状交差点の導入に向けた検討を進めてきた。

 導入のメリットとして、まず交通事故の削減があげられる。構造上、車の速度が抑制できるほか、右折対向車と直進車の衝突を防ぐことができる。

 また信号機が必要ないため、維持管理の費用を軽減できるほか、震災などで停電した際にもスムーズな通行ができるなどのメリットがあり、欧米諸国では積極的な導入が進んでいる。

 同省の発表資料によると、国内の円形交差点は138カ所。このうちすでに新ルールが適用されているのは36か所だ。新ルールの適用が進んでいない背景には「一時停止の廃止に対して地域住民などが懸念を示すことなどがあげられる」と県警交通規制課の担当者は話す。県内では来年度中に港北区新横浜で導入が予定されている。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

災害時援護者名簿を提供

磯子区役所

災害時援護者名簿を提供 社会

汐見台自治会連合会と協定

12月12日号

復活の市大会準優勝

ソフトボール横浜マリーンズ

復活の市大会準優勝 スポーツ

23年ぶりの決勝進出

12月12日号

地元食文化の発信地に

金沢八景

地元食文化の発信地に 文化

「むべ庵」で初イベント

12月5日号

藤野さんに感謝状

磯子区丸山不審火

藤野さんに感謝状 社会

不審者追跡、情報提供に

12月5日号

六浦東にこどもホスピス

六浦東にこどもホスピス 社会

県内初 2021年、開設へ

11月28日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 社会

自治体初、間伐材で独自開発

11月28日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク