金沢区・磯子区版 掲載号:2017年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

7月12日に初のフルアルバム「Familia」をリリースしたsumikaのメンバー 小川 貴之さん 磯子出身 27歳

横浜は曲が浮かぶ場所

 〇…「むちゃむちゃ楽しいものが出来た」。7月12日にリリースされた人生初のフルアルバムに「すべてを出し切った」と自信をのぞかせる。有名プロデューサー蔦谷好位置さんら曲ごとに多彩なゲストが参加しているのも、”聴きどころ”のひとつ。「理想的な完成形が見えてきた」。9月18日から全国13カ所を回るリリースツアーが始まる。「嬉しいことに地元・横浜が初日。出たことのない会場、初めての土地でのライブはとても楽しみ」とワクワク感がにじむ。

 ○…2歳からピアノ教室に通い、音楽に親しんできた。「音楽だけで生きていく」と家族に宣言したのは、15歳の時。部活動に明け暮れる一方で、弾き語りのデモテープを事務所に送り始めたのもこの頃だった。25歳の時にバンドが解散。音楽を諦めるか、ひとりで続けるか――迷いの中で、「小川くんは音楽を続けないと」と誘ってくれたのがsumikaだった。自然体で純粋に音を楽しむメンバーと活動するうち、どんどん音楽が好きになっていく自分を見つけた。

 ○…昨年秋、地元の岡村中学校を単身で訪れ、「自身の楽曲にどうしても、生徒にコーラスとして参加して欲しい」と吹奏楽部の協力を依頼した。だが校長の返答は「そう簡単にはいかない」。そこで、保護者全員に直筆で手紙を書き、「CDをより良くするために絶対に必要」と熱い思いを訴えた。そんな思いが通じ、ついに教室でレコーディングが実現。その出来に、「最後に魔法がかかったようだった。思い出深い曲になった」と笑顔を見せる。以来、同中学校のコンサートには毎回足を運んでいるという。

 ○…曲が浮かぶのはいつも横浜。みなとみらいをブラブラと歩き、時にはメロディーを口ずさみながら、頭の中で曲を組み立てるという。「あとは1日で録音してでも音源を作るんです」。生まれ育った大好きな横浜が、音楽を生み出す源泉となっている。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

芳垣 隆司さん

「新春百人一首大会」を主催した釜利谷地区青少年指導員協議会の地区長を務める

芳垣 隆司さん

1月18日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月11日号

古澤 和敏さん

アマチュアボクシング元全日本王者で現在は指導者として有望選手を育てる

古澤 和敏さん

1月4日号

増田 珠(しゅう)さん

硬式野球部の主砲として活躍し福岡ソフトバンクホークスへの入団が決まった

増田 珠(しゅう)さん

1月1日号

川村 丈夫さん

横浜DeNAベイスターズジュニアチームの監督として12球団トーナメント連覇に挑む

川村 丈夫さん

12月21日号

渡辺 克美さん

認定NPOコロンブスアカデミーの理事長で青少年の活動拠点づくりに尽力する

渡辺 克美さん

12月14日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

NPO法人の基礎を学ぶ

NPO法人の基礎を学ぶ

活動支援センターが講座

2月19日~2月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    著・中野孝次 文藝春秋

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『ハラスのいた日々』〈増補版〉

    1月11日号

  • 角田武夫が描いた金澤八景

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

    角田武夫が描いた金澤八景

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    1月11日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク