金沢区・磯子区版 掲載号:2017年9月7日号 エリアトップへ

7月12日に初のフルアルバム「Familia」をリリースしたsumikaのメンバー 小川 貴之さん 磯子出身 27歳

掲載号:2017年9月7日号

  • LINE
  • hatena

横浜は曲が浮かぶ場所

 〇…「むちゃむちゃ楽しいものが出来た」。7月12日にリリースされた人生初のフルアルバムに「すべてを出し切った」と自信をのぞかせる。有名プロデューサー蔦谷好位置さんら曲ごとに多彩なゲストが参加しているのも、”聴きどころ”のひとつ。「理想的な完成形が見えてきた」。9月18日から全国13カ所を回るリリースツアーが始まる。「嬉しいことに地元・横浜が初日。出たことのない会場、初めての土地でのライブはとても楽しみ」とワクワク感がにじむ。

 ○…2歳からピアノ教室に通い、音楽に親しんできた。「音楽だけで生きていく」と家族に宣言したのは、15歳の時。部活動に明け暮れる一方で、弾き語りのデモテープを事務所に送り始めたのもこの頃だった。25歳の時にバンドが解散。音楽を諦めるか、ひとりで続けるか――迷いの中で、「小川くんは音楽を続けないと」と誘ってくれたのがsumikaだった。自然体で純粋に音を楽しむメンバーと活動するうち、どんどん音楽が好きになっていく自分を見つけた。

 ○…昨年秋、地元の岡村中学校を単身で訪れ、「自身の楽曲にどうしても、生徒にコーラスとして参加して欲しい」と吹奏楽部の協力を依頼した。だが校長の返答は「そう簡単にはいかない」。そこで、保護者全員に直筆で手紙を書き、「CDをより良くするために絶対に必要」と熱い思いを訴えた。そんな思いが通じ、ついに教室でレコーディングが実現。その出来に、「最後に魔法がかかったようだった。思い出深い曲になった」と笑顔を見せる。以来、同中学校のコンサートには毎回足を運んでいるという。

 ○…曲が浮かぶのはいつも横浜。みなとみらいをブラブラと歩き、時にはメロディーを口ずさみながら、頭の中で曲を組み立てるという。「あとは1日で録音してでも音源を作るんです」。生まれ育った大好きな横浜が、音楽を生み出す源泉となっている。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

山口 武夫さん

金沢区美術協会の会長を務める

山口 武夫さん

金沢区富岡西在住 83歳

5月26日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月19日号

橋本 昌幸さん

4月から横浜市三殿台考古館の館長を務める

橋本 昌幸さん

磯子区岡村在勤 61歳

5月12日号

カテリーナさん

【Web限定記事】横浜を拠点にウクライナの民族楽器「バンドゥーラ」の演奏活動を行う

カテリーナさん

横浜市在住 

5月5日号

相馬 淳子さん

ラオスの織物や文化を伝える「PaTu」(パトゥ)の代表を務める

相馬 淳子さん

金沢区柴町在住 53歳

4月28日号

川井 康裕さん

久良岐能舞台の館長を務め、さまざまな企画を展開する

川井 康裕さん

磯子区岡村在勤 68歳

4月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 3月10日0:00更新

  • 10月26日17:54更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

広場で食と音のフェス

広場で食と音のフェス

5月29日 洋光台北団地

5月29日~5月29日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook