金沢区・磯子区版 掲載号:2017年11月30日号 エリアトップへ

バドミントン県大会新人戦 金沢中が初優勝 OB保護者ら“復活”へ尽力

スポーツ

掲載号:2017年11月30日号

  • LINE
  • hatena
(後列左から時計回りに)山口さん、小谷さん、松田さん、茜ケ久保さん、小林さん
(後列左から時計回りに)山口さん、小谷さん、松田さん、茜ケ久保さん、小林さん

 釜利谷東にある金沢中学校バドミントン部が11月11日、川崎市で行われた新人戦「神奈川県選抜ジュニア強化大会」男子団体で初優勝した。全国準優勝の実績がある同部は当時のメンバーや顧問らが指導にあたるなどし、”名門復活”へ新たな一歩を踏み出している。

 同部からはシングルスに松田波輝さん(2年)、ダブルスに小谷慶眞さんと山口礼夢さん(いずれも2年)がそれぞれ茜ケ久保寛太さん、小林翔太さんの1年生とのペアで出場した。

 10月の市大会優勝でシードとなり、初戦は2回戦から。開会式から長い待ち時間があったが、集中力を切らさずに全てのゲームに勝利し、勢いに乗った。ダブルスでは力強いスマッシュと羽根を拾いながらチャンスをうかがう息の合った連携を見せ、シングルスの松田さんは持ち味の粘り強さを発揮。決勝は岩井原中=保土ケ谷区=を退けた。主将の小谷さんは「勝てる自信はあったが、優勝できてほっとした」と振り返った。同部の県制覇は1992年以来25年ぶりで、新人戦にあたる同大会の優勝は初。

受け継ぐ「攻めの姿勢」

 同部は31年前の1986年、男子団体で全国大会準優勝の実績がある。松田波輝さんの父・幸夫さんは、当時のダブルスメンバーだった。波輝さんの入部後は週末を中心に選手の指導にあたる。また、幸夫さんを指導した元顧問の後藤秀晴さんも、現在は外部コーチとして選手をみている。幸夫さんは「攻めの姿勢と勝利への執着心を(後藤さんに)教わった」と言う。劣勢でも最後まで諦めない精神力など、試合での心構えを子どもたちに伝え、伝統を繋いでいきたいという。

 現在は男子11人、女子13人が所属。女子団体も今大会で2回戦に進出した。顧問の篠原哲教諭は「選手が試合ごとに成長した。保護者やOBの支えが大きい」と周囲の力に感謝。選手と教員、全国の頂点に迫った保護者らが一体となって”名門復活”を目指す。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

防潮堤が完成

金沢区護岸工事

防潮堤が完成 社会

19年台風15号で高波被害

9月16日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

ゆずファンをおもてなし

ゆずファンをおもてなし 社会

関内に交流拠点オープン

9月9日号

神楽殿が装い新たに

岡村天満宮

神楽殿が装い新たに 文化

老朽化で建て替え

9月2日号

防護柵などを設置

京急富岡駅前

防護柵などを設置 社会

通学路の安全確保図る

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook