金沢区・磯子区版 掲載号:2018年2月15日号
  • googleplus
  • LINE

磯子区2校から部活大賞 野球・バドミントンで栄誉

スポーツ

 部活動の活性化につながる取り組みを行った団体や個人を表彰する「2017年度かながわ部活ドリーム大賞」の受賞団体が1月31日に発表された。磯子高校野球部が「部活アクティブ賞」を、磯子工業高校定時制バドミントン部の米津秀弥さん(4年)が「メンバーシップ賞」を受賞した。

 県教育委員会が主催するこの表彰は今年度で10回目。今回は、団体の部でグランプリ含め33校、個人の部で32校が表彰された。

ごみ拾いで地域貢献

 「アクティブ賞」は、他の部活、生徒の模範となる活動をした部に贈られる賞。磯子高校野球部は当番制で早朝、校内の美化清掃を実施。登下校時には、学校周辺のごみ拾いを行っている。昨年夏の県大会時には、学校周辺の住民が自宅前に応援の横断幕を掲げるなど「地域に応援される部」として知られる。

 昨年夏は25年ぶりの4回戦進出、秋は強豪の横浜創学館高などを破り、創部初のベスト8進出を果たした。同校教諭の安田洋平部長は「地域の方々の応援が力になった」と感謝する。同校は、2020年度に氷取沢高校との統合が決まっている。現在の部員16人が「磯子高校野球部」最後のメンバーとなる。石田倫哉主将は「春の大会でも上位に進出し学校全体にいい影響が与えられたら」と話す。

地道な練習重ね

 米津さんは地道に努力をし、他の模範となる生徒に贈られる「メンバーシップ賞」を学校からの推薦で受賞した。ホームルーム終了後の午後9時過ぎから練習に励み、4年間休まずに活動。部員が少なく一人で練習を重ねたことも。限られた時間の中で力をつけ、2年生の時には横浜市内の大会で3位、3年時には2位の成績を残した。練習のしすぎから、昨年4月に右足指を疲労骨折。ケガを抱えながら5月の県大会で上位に入り神奈川県選抜に選ばれ、8月の全国大会に出場。チームの3位入賞に貢献したことも評価された。

 田中和也教頭は「野球部が部員不足で困っていると助っ人で出場してくれた。学校全体を考えてくれる生徒」と話す。米津さんは「上手くなりたい、試合に勝ちたいと思い、練習を続けてきた結果が受賞につながりうれしい」と振り返った。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

葬儀相談・見学会開催

意外と知らない葬儀のあれこれ、京急メモリアルに相談してみませんか

https://www.keikyu-memorial.com/hall/kanazawabunko/index.html

<PR>

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

珠玉の名曲を披露

ヴァイオリニスト水野さん

珠玉の名曲を披露

20日 杉田劇場で

10月20日~10月20日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク