金沢区・磯子区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

NPO法人横浜金沢文化協会の事業部長で3月10日に行われる「かるた大会」の企画・運営に尽力する 橋本 藤子さん 金沢区金沢町在住 70歳

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena

文化に親しみ世界広げる

 ○…金沢区制70周年記念事業としてかるた大会を企画・運営。小学生から70代まで参加する初の大会が間近に迫った。今回は来年度に計画する本大会に向けた”プレ”の位置付け。「その後も継続して地域に根付いてくれたら」と優しく語る。当日は百人一首に親しむ講演や模範試合なども予定しており「なるべく多くの人に、その魅力を知ってもらいたい」と力が入る。

 ○…長崎県生まれの東京育ち。小学5年から横浜へ移った。大学で社会福祉を学び、重症心身障害児のケースワークなどに従事したことも。子どもが小学生になると、以前から好きだった地理や歴史の知識を生かし、自宅でできる添削指導員の仕事を開始。中学生が習う通信講座で採点や勉強のアドバイスを数年前まで、40年に渡り行った。学習で使用するテキストの編集作業には、現在も携わる。

 ○…約20年前に金沢区へ。社会科好きが興じ、史跡などを案内する横濱金澤シティガイド協会の一員に。仲間に誘われて17年前に文化協会に入った。当初は「何をする協会なのか分からなかった」と苦笑。協会主催の講座で知識がなかった煎茶道の一端に触れた時は「その美味しさが半端ではなかった」と興奮気味に振り返る。そのほか日本画や書、音楽などを生業とするさまざまな人に出会った。「少しでも”かじる”ことで見方が変わる。世界が広がった」。人生を深め、楽しむきっかけになった。

 ○…シティガイド協会では今年度から理事長に。6年前から民生委員も務めており「午前、午後、夜で会議が一日3つ入ることもある」という。多忙の中、高校生の孫と映画鑑賞に行く息抜きも。洋画や邦画、アニメまで幅広く楽しむ。協会の取り組みでは、講座などの活動を通じて参加者がさまざまな文化に触れ「新しい世界に親しんでほしい」と願う。異世代が「かるた」で集うその日を「区民一体で楽しめるものにできたら」と心待ちにする。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

曽屋 剛和さん

曽屋動物病院の院長で「いそねこ協議会」の会長を務める

曽屋 剛和さん

磯子区杉田在住 57歳

11月14日号

門馬 勇一さん

富岡みどり会商店街の会長を務める

門馬 勇一さん

金沢区富岡西在住 70歳

11月7日号

田沼 広之さん

ラグビーワールドカップ2019のアンバサダーを務めるラグビー元日本代表の

田沼 広之さん

金沢区大川在住 46歳

10月31日号

田草川 竜都さん

RUN伴+三浦半島金沢区学生実行委員会の委員長を務める

田草川 竜都さん

金沢区在住 20歳

10月24日号

林原 泉さん

「もう一つの横浜 金沢八景史」を著した

林原 泉さん

金沢区柴町在住 86歳

10月17日号

奥脇 竜哉さん

ムエタイのラジャダムナンスタジアム認定王者となった

奥脇 竜哉さん

金沢区富岡東在住 19歳

10月10日号

北村 正(まさし)さん

9月5日付で金沢警察署の署長に就任した

北村 正(まさし)さん

金沢区在住 57歳

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク