金沢区・磯子区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

磯子スポーツセンター 天井改修終え4月再開 全館LED化

社会

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena
幕天井となった体育館
幕天井となった体育館

 昨年7月から休館していた磯子スポーツセンター(磯子区杉田5の32の25)が4月1日、リニューアルオープンする。天井改修工事を行ったほか、全館の電気をLED化。利用しやすい施設として生まれ変わる。

プレーしやすい環境に

 同センターの天井は、建物上部から金属棒でボードを吊り下げるいわゆる「吊り天井」と呼ばれる構造だった。今回の改修では軽い材質を使った「幕天井」に。2つの体育館で採用された。天井改修とあわせ全館の電気をLED化し、よりプレーしやすい環境となった。また、利用者から暗さを指摘されていた通路の課題も解消された。

 小学3年生の子どもと施設を利用しているという磯子区在住の男性は「室内が明るくなりさらに利用しやすくなることを期待したい」と話した。

安全対策強化へ

 今回の改修工事は、東日本大震災を受け2014年に改正された建築基準法の新基準への適合を図るため。東日本大震災以降、全国的に大規模空間の吊り天井の脱落事故が相次いでいた。そのため、吊り天井で、【1】天井の高さが6mを超える【2】水平投影面積が200平方メートルを超える【3】天井部材が2kg/平方メートルを超える――などの新基準に基づいた安全対策、脱落防止対策が求められていた。

 横浜市はこうした状況を受け、2015年に「横浜市公共建築物天井脱落対策事業計画」を策定。市内のスポーツセンターのほか、災害時の拠点となる市区庁舎や消防施設などの103施設139室を対象に改修を進めている。第一群では、磯子スポーツセンターを含む32施設44室で2015年度から17年度に事業に着手し、残りの71施設95室の第二群は22年度までに工事を終える予定だ。

 磯子スポーツセンターの堀川忠雄所長は「9カ月という長い期間、皆さまには大変ご迷惑をおかけしていた。施設全体が明るくなった施設でスポーツを楽しんでほしい」と話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月17日号

建築新人戦で最優秀賞

関東学院大長橋さん

建築新人戦で最優秀賞 教育

変幻自在な住まいを提案

10月17日号

「55年経て、再び聖火を」

大道在住佐藤さん

「55年経て、再び聖火を」 社会

大病乗り越え走者目指す

10月10日号

治療と仕事の両立を支援

横浜市大付属病院

治療と仕事の両立を支援 社会

病気による離職を抑制

10月10日号

2校の「富岡中」が交流

2校の「富岡中」が交流 教育

地名縁に金沢区から福島へ

10月3日号

被災乗り越え開催へ

AozoraFactory

被災乗り越え開催へ 社会

「こんな時だから活気を」

10月3日号

有志ボランティアが活動

金沢区産業団地

有志ボランティアが活動 教育

市内外から 被災企業を支援

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク