金沢区・磯子区版 掲載号:2018年5月17日号 エリアトップへ

振り込め詐欺 手渡し型対策に「通帳ケース」 警察官友の会らが寄贈

社会

掲載号:2018年5月17日号

  • LINE
  • hatena
及川会長(中央)がケースを手渡した(写真上・磯子警察署提供)。写真下はケース
及川会長(中央)がケースを手渡した(写真上・磯子警察署提供)。写真下はケース

 増え続ける振り込め詐欺の新たな手口「キャッシュカード手渡し型」対策として、警察官友の会(及川寛会長)と協賛企業らが啓発メッセージ入りの通帳ケースを作製した。5月1日には、磯子警察署で寄贈式が行われ、及川会長から小高藤安磯子警察署長に手渡された。

 通帳ケースはB6サイズ(縦約15cm横約20cm)でキャッシュカードや通帳が入る大きさ。警察官友の会のほか、エヌケイキャブ、ニックスサービス、横浜セレモ、横浜銀行が協賛し約1000個作製した。ケースには「キャッシュカードを渡すのは詐欺!!」「暗証番号は教えない!!」「印鑑は別保管!!」との啓発メッセージが記されている。

 及川会長は「被害に遭われる方は、頭の中ではカードを渡してはいけないと認識はあるが、巧みな言葉で騙されてしまう。ケースを使ってもらうことで、キャッシュカードや通帳を取り出す前にメッセージを見てもらい詐欺を食い止められれば」と話す。

すでに昨年に近い被害

 磯子警察署によると、昨年の振り込め詐欺被害は36件。うちキャッシュカード手渡し型は14件だった。今年の被害は振り込め詐欺が21件(4月末現在)、手渡し型は全体の半数以上の12件にのぼり、すでに昨年に近い被害となっている。磯子警察署の担当者は「この新たな手口は、昨年末から増加傾向にある。キャッシュカードや通帳は絶対に渡さないでほしい」と注意を呼びかける。

 ケースは金融機関やイベントなどを通して、犯人のターゲットとなる高齢者を中心に配布していく。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「役割や活動知って」

保護司会

「役割や活動知って」 社会

7月は「社明運動」強化月間

7月22日号

4割が土砂災害警戒区域

横浜市立校

4割が土砂災害警戒区域 社会

避難計画は作成済み

7月22日号

京急線駅と並木結ぶ

321系統バス

京急線駅と並木結ぶ 社会

利便性確保へ新路線

7月15日号

備蓄品寄付して廃棄削減

ストックベース

備蓄品寄付して廃棄削減 社会

水を安藤建設と杉田小へ

7月15日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 社会

ひとり親を支援へ

7月8日号

153ミリの大雨に対応

内水ハザードマップ

153ミリの大雨に対応 社会

金沢含む2区から全戸配布

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter