金沢区・磯子区版 掲載号:2018年7月12日号 エリアトップへ

円海山域の昆虫調査を40年近く続け、31日に港南台地域ケアプラザで講座を開く 久保 浩一さん 金沢区富岡西在住 58歳

掲載号:2018年7月12日号

  • LINE
  • hatena

存在を認め合うということ

 ○…港南台地域ケアプラザで7月31日に「ホタルのふるさと港南台」と題した自然講座を開く。栄区から磯子区、金沢区にまで広がる「円海山」域で昆虫調査を40年近く続け、体験談をもとに話す。とりわけ栄区瀬上地区は、緑地の最北端に位置し、今なおホタルが見られる自然豊かな場所として地元住民に親しまれている。

 ○…新任教師として上郷高校に赴任したのが調査のきっかけだった。日本史の教師だが、部活動を通じて生徒たちとフィールドワークにも取り組んできた。20代の頃、5年10年あればやり遂げられるだろうと着手したが、「1つの種の生態は単純でも、生態系というものは調べていくにつれ複雑だと分かる。一生を費やしても解明は難しい」と苦笑する。同校が横浜栄高となる時期に再び着任し、これまでに調査は2500回以上に及ぶ。

 ○…金沢区出身で横浜市立大学に在学中、先輩から「実験に必要だから、蝶をたくさん捕まえてきて」と網を渡された。振り返ればそれが今の道に続くきっかけで、当時向かったのも円海山域だった。「採集してみると蝶だけで30種以上もいるということに驚かされた」。一方で、円海山域には80年代頃まで4500種以上の昆虫がいたが、その1割の約400種が姿を消してしまったという。「希少種が絶滅したのではなく、当たり前にいたものがいなくなっている」

 ○…自然の保護について「トキのような分かりやすい存在とは違い、昆虫の希少種の価値を一般的に感じてもらうのは難しい」という。それでも生物多様性を「小さな虫も生態系の一員。互いに存在を認めあうことの大切さは人間同士の関係にも通ずる」と語る。無数の小さな命と向き合い伝えたいのは、「心のゆとりの大切さかもしれない」。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

曽屋 剛和さん

曽屋動物病院の院長で「いそねこ協議会」の会長を務める

曽屋 剛和さん

磯子区杉田在住 57歳

11月14日号

門馬 勇一さん

富岡みどり会商店街の会長を務める

門馬 勇一さん

金沢区富岡西在住 70歳

11月7日号

田沼 広之さん

ラグビーワールドカップ2019のアンバサダーを務めるラグビー元日本代表の

田沼 広之さん

金沢区大川在住 46歳

10月31日号

田草川 竜都さん

RUN伴+三浦半島金沢区学生実行委員会の委員長を務める

田草川 竜都さん

金沢区在住 20歳

10月24日号

林原 泉さん

「もう一つの横浜 金沢八景史」を著した

林原 泉さん

金沢区柴町在住 86歳

10月17日号

奥脇 竜哉さん

ムエタイのラジャダムナンスタジアム認定王者となった

奥脇 竜哉さん

金沢区富岡東在住 19歳

10月10日号

北村 正(まさし)さん

9月5日付で金沢警察署の署長に就任した

北村 正(まさし)さん

金沢区在住 57歳

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク