金沢区・磯子区版 掲載号:2019年3月7日号
  • LINE
  • hatena

レインボーネットワーク磯子 在宅療養を劇で紹介 医療・介護職者が本職演じる

社会

ポスターを持つ磯子区医師会の山高会長
ポスターを持つ磯子区医師会の山高会長

 磯子区内の在宅療養に関わる専門職のメンバーが出演する劇「お願いだよ。最期まで家にいたいよ。」が3月9日(土)、杉田劇場で開かれる。劇を通して、在宅療養を知ってもらうことを目的に、専門職で働く関係者が自ら演じ周知する。

 この劇は、2018年度磯子区在宅医療市民啓発講座「最後まで家で過ごすということ」の一部として実施。磯子区内の在宅療養に関わる、医師、歯科医師、薬剤師、ケアマネジャー、福祉用具事業者などから構成される多職種連携会議「レインボーネットワーク磯子」が主催する。

 横浜市は2019年を機に人口減少に突入するといわれている。磯子区でも高齢化が進んでおり、医療、介護の連携や在宅療養は喫緊の課題だ。

 磯子区では、2006年から磯子ケアマネ連絡会が主催し、医療、介護の専門職を対象に医療などについて学ぶ「在宅療養勉強会」を行っている。14年からは磯子区役所らが主催する「在宅チーム医療を担う人材研修」を実施し在宅や人材育成に関する活動を行ってきた。

 一方で、これらの活動は、個別に行われていた。在宅療養に関する連携や課題を専門職全体で共有しようと昨年9月、レインボーネットワーク磯子が結成。劇は今年度の活動で企画された。

多職種で連携

 今回の劇では、一部を除き、実際に訪問歯科医師や薬剤師、ケアマネジャーとして働くメンバーが本職を演じる。専門職を自ら演じることで、来場者に分かりやすく伝えたいとの狙いがある。

 「病院は治療を行う場であり、在宅で療養を行っていくという昨今の流れの中で、在宅への不安を少しでも解消してもらえればと企画した」と話すのは、磯子区医師会の山高民樹会長だ。さらに「在宅療養がいかに多くの専門職に支えられているかを、劇を通して感じてもらえればうれしい」とも話す。

 市民啓発講座は、参加無料で午後2時から4時まで。事前予約なしで当日直接杉田劇場へ。先着250人で定員になり次第入場を締め切る。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

家庭連絡にICT活用へ

市立学校

家庭連絡にICT活用へ

4月18日号

創学館 強豪制し初優勝

チアダンス全国大会

創学館 強豪制し初優勝

4月18日号

「発展に向け、躍動する年に」

市会、現職が議席守る

統一地方選金沢区・磯子区

市会、現職が議席守る

4月11日号

学生考案ラーメン販売

京急電鉄×関東学院大

学生考案ラーメン販売

4月4日号

地元2社が実践賞

横浜環境活動賞

地元2社が実践賞

4月4日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク