金沢区・磯子区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

関東学院六浦中高 ラグビーで国際交流 部員と一緒に汗流す

スポーツ

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena
タグラグビーで交流
タグラグビーで交流

 「こどもラグビーワールドフェスティバル2019」で横浜を訪れた海外の子どもが4月19日、関東学院六浦中学校・高校を訪れ、ラグビーなどを通した国際交流を行った。子どもたちは同校グラウンドで、「手つなぎおに」や「タグラグビー」を行い、ラグビー部員と一緒に爽やかな汗を流した。

 6日間にわたって行われた「こどもラグビーワールドフェスティバル」では、今秋に開かれるラグビーW杯に先立ち、世界6か国の子どもが決勝の地となる日産スタジアムで試合などを行った。関東学院六浦中高への来訪は交流プログラムの一つ。イングランド、スコットランド、イタリアの12才以下の子どもたち約60人が参加した。

 ラグビー部の部員としたタグラグビーでは、体格のよい高校生を海外の子どもが軽やかなステップで振り切る一幕も。女子ラグビー部の粂日向子主将(3年)は「ニュージーランドに遠征をしたのに、英語が通じない部分がありちょっとショック。でも、ラグビーを通して気持ちが通じている気がした」と振り返った。

 参加者はラグビーのほか、茶道や弓道、茶道も体験した。

目指すは全国制覇

 今回の交流で積極的に場を仕切ったのは、女子部員たち。普段から、「ガールズアカデミー」やサマーキャンプなどで地元の小中学生らを指導しているため、指示を出すのも慣れたものだ。梅原洸監督は(35)「自主性のある選手たち」と評する。

 女子ラグビー部は今年3月、関東U18女子セブンズで、悲願の初優勝を手にした。梅原監督は「勝因は辛いことを一生懸命やった結果」と選手を労う。次に目指すのは、東日本代表として出場するサニックスワールドユース(4月28日〜)。粂主将は「全国制覇、世界制覇を目指している。体は小さいけど走り勝つラグビーでタイトルに挑みたい」と意気込んだ。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月17日号

建築新人戦で最優秀賞

関東学院大長橋さん

建築新人戦で最優秀賞 教育

変幻自在な住まいを提案

10月17日号

「55年経て、再び聖火を」

大道在住佐藤さん

「55年経て、再び聖火を」 社会

大病乗り越え走者目指す

10月10日号

治療と仕事の両立を支援

横浜市大付属病院

治療と仕事の両立を支援 社会

病気による離職を抑制

10月10日号

2校の「富岡中」が交流

2校の「富岡中」が交流 教育

地名縁に金沢区から福島へ

10月3日号

被災乗り越え開催へ

AozoraFactory

被災乗り越え開催へ 社会

「こんな時だから活気を」

10月3日号

有志ボランティアが活動

金沢区産業団地

有志ボランティアが活動 教育

市内外から 被災企業を支援

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク