金沢区・磯子区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

(PR)

スタッフが一丸でリハビリ支える 済生会若草病院

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena
急性期から慢性期の病院まで経験豊富な内川医師(中央)とリハビリ分野で幅広い見識を持つ藤井医師(左)
急性期から慢性期の病院まで経験豊富な内川医師(中央)とリハビリ分野で幅広い見識を持つ藤井医師(左)

 「『病気になったら終わり』ではない。そこから立て直していけることを伝えたい」。そんな思いで患者と向き合うのは、済生会若草病院リハビリテーション科のリハビリ専門医の内川研医師と藤井智恵子医師。脳卒中や骨折、脊椎の術後の患者が日常生活を取り戻せるよう、3〜5カ月の長期にわたる入院生活を支えている。

 リハビリには理学療法士や作業療法士、言語聴覚士、看護師、ソーシャルワーカーらの連携が不可欠だ。同病院は、スタッフ同士が顔の見える関係を築いており、情報共有や意見交換も活発。そんな風通しの良い院内環境が、患者への細やかなケアを実現する。「リハビリは人ありき。訓練を見ていても、スタッフの『良くなってほしい気持ち』が伝わってくる」と藤井医師は話す。「できる能力を最大限に生かすことを心がけている」と話すのは内川医師。脳外科医だった経験が、リハビリの現場でも生きる。「時には障害を受容することも大切です」

精神面のサポートも

 医師の役割はリハビリだけではない。在宅復帰に際して、家族や地域のケアマネジャーさんとの話し合いや調整を重ねる。時には家に行くことも。「調整力」も必要とされる能力だ。

 新型コロナウイルスの対策で、入院患者と家族が面会ができない状態が続く。「患者さまも家族も不安な状態になりがちなので、心のケアにも配慮しています」。1日2回の訓練時に顔を出し声をかけるなど、精神面のサポートも手厚い。「住んでいる地域で回復し自宅に戻る――それが叶う場所になれば」と話す。

済生会若草病院

横浜市金沢区平潟町12-1

TEL:045-781-8811

http://www.wakakusa.saiseikai.or.jp/

金沢区・磯子区版のピックアップ(PR)最新6

来店・出張予約で1万円進呈

おたからやビアレシーサイド店

来店・出張予約で1万円進呈

査定無料、5万円以上成約で

10月14日号

自宅売却後もそのまま住める

ウスイホーム杉田店

自宅売却後もそのまま住める

「リースバック」で資金を有効活用

10月14日号

「悩みあるなら相談を」

結婚

「悩みあるなら相談を」

良縁へと導く懸け橋役

10月14日号

そうだ、行政書士に相談しよう!

許認可・申請、相続・遺言、成年後見

そうだ、行政書士に相談しよう!

取材協力/後藤支部長

10月14日号

安心、JAのお葬式

もしもの時 もしもの為に… 事前相談無料

安心、JAのお葬式

「組合員・地域の方々へ」

10月14日号

「ひざ痛は1分で消える」

「ひざ痛は1分で消える」

著者・高子院長の施術とは

10月14日号

本まぐろ直売所

10月10日は「まぐろの日」大特売。豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

  • 8月26日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

Webで合同面接会

Webで合同面接会

市企画、10月22日

10月22日~10月22日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook