金沢区・磯子区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

(PR)

スタッフが一丸でリハビリ支える 済生会若草病院

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena
急性期から慢性期の病院まで経験豊富な内川医師(中央)とリハビリ分野で幅広い見識を持つ藤井医師(左)
急性期から慢性期の病院まで経験豊富な内川医師(中央)とリハビリ分野で幅広い見識を持つ藤井医師(左)

 「『病気になったら終わり』ではない。そこから立て直していけることを伝えたい」。そんな思いで患者と向き合うのは、済生会若草病院リハビリテーション科のリハビリ専門医の内川研医師と藤井智恵子医師。脳卒中や骨折、脊椎の術後の患者が日常生活を取り戻せるよう、3〜5カ月の長期にわたる入院生活を支えている。

 リハビリには理学療法士や作業療法士、言語聴覚士、看護師、ソーシャルワーカーらの連携が不可欠だ。同病院は、スタッフ同士が顔の見える関係を築いており、情報共有や意見交換も活発。そんな風通しの良い院内環境が、患者への細やかなケアを実現する。「リハビリは人ありき。訓練を見ていても、スタッフの『良くなってほしい気持ち』が伝わってくる」と藤井医師は話す。「できる能力を最大限に生かすことを心がけている」と話すのは内川医師。脳外科医だった経験が、リハビリの現場でも生きる。「時には障害を受容することも大切です」

精神面のサポートも

 医師の役割はリハビリだけではない。在宅復帰に際して、家族や地域のケアマネジャーさんとの話し合いや調整を重ねる。時には家に行くことも。「調整力」も必要とされる能力だ。

 新型コロナウイルスの対策で、入院患者と家族が面会ができない状態が続く。「患者さまも家族も不安な状態になりがちなので、心のケアにも配慮しています」。1日2回の訓練時に顔を出し声をかけるなど、精神面のサポートも手厚い。「住んでいる地域で回復し自宅に戻る――それが叶う場所になれば」と話す。

済生会若草病院

横浜市金沢区平潟町12-1

TEL:045-781-8811

http://www.wakakusa.saiseikai.or.jp/

金沢区・磯子区版のピックアップ(PR)最新6

市場は堅調新しい”売買”様式も

不動産の資産活用術61

市場は堅調新しい”売買”様式も

1月21日号

片付け不要で即金買取り

ウスイホーム

片付け不要で即金買取り

特に築後20年以上経過の物件

1月21日号

女性の不安 電話で支援

女性の不安 電話で支援

横浜市男女共同参画推進協会 相談窓口を新設

1月21日号

眺望良好で2世帯入居可

大型中古マンション

眺望良好で2世帯入居可

1月23・24日 オープンルーム

1月21日号

中医学で健康な毎日を

中医学で健康な毎日を

濃厚接触者やその家族がすべきこと

1月21日号

処分する前に無料相談を

古美術店「青宝堂」

処分する前に無料相談を

気になっていた品物 高額査定も

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク