金沢区・磯子区版 掲載号:2022年1月13日号 エリアトップへ

劇作家・演出家で「杉劇☆歌劇団」の講師を務める 井上 学さん 磯子区中原在住 56歳

掲載号:2022年1月13日号

  • LINE
  • hatena

地域の魅力、演劇に込めて

 ○…「杉劇☆歌劇団」で、脚本などを手掛ける。小学生から50代までが集まり、毎年のように参加するメンバーも。「小学生で入って中学生になる子もいて、親戚のおじさんのような気分。みんな熱意を持って取り組んでいるので、本番を楽しみにしてほしい」

 ○…相模原市で生まれ、中学2年で移り住んで以来、40年以上磯子区で暮らす。浜中、金沢高出身で、演劇の作品作りに携わりたいと大学時代に演劇学を専攻。卒業後はフリーの脚本・演出家として20年以上にわたって各区の区民ミュージカルなどに携わり、市内の区民文化センターの管理運営などを担ってきた。「演劇の世界は東京中心。東京以外でも楽しめるように、他の地域で作品、文化をつくりたい」。こうした思いを胸に自身の劇団での活動だけでなく、歌劇団のような市民参加型の演劇を積極的に手掛けてきた。

 ○…歌劇団に関わって4年目。「地元で声がかかってうれしかった」と目を細める。学校に馴染めない子が社交的になったり、演劇に参加したことで今まで以上に生き生きしたり、演劇を通して人が変わっていく姿を多く見てきた。「普段芝居をやっていない一般の人が真剣に取り組むからこそ、こうした変化が起こるのかも。この楽しみや喜びを、多くの人と共有できたら」

 ○…「地域の人たちがどんなことをしたいのか聞き、それをもとに作品にしていく」と話し、各地の要望をくみ取って作品に仕立てていく。今回は磯子にゆかりのある石鹸工業の創始者や、児童文学者などを題材に作品を制作。「知っている人も知らない人も、今までと違った形で磯子の魅力を感じてもらえるはず」。磯子だからこそできる演劇を、仲間とともに届ける。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

松原 竹雄さん

磯子保護司会の会長として犯罪や非行をした人の更生を手助けする

松原 竹雄さん

磯子区氷取沢町在住 75歳

8月11日号

松原 勇稀さん

10月に開局を目指す「金沢シーサイドFM」の学生社長を務める

松原 勇稀さん

金沢区六浦南在住 22歳

8月4日号

伊藤 百合子さん

洋光台花と緑の街づくり委員会の会長として洋光台駅前の花壇を彩る

伊藤 百合子さん

磯子区洋光台在住 89歳

7月28日号

関口 真司さん

ホテルニューグランドの6代目総料理長を務めている

関口 真司さん

磯子区森出身 57歳

7月21日号

蛇目(じゃのめ) 泰子さん

メリーゴーランドプロジェクトの代表を務める

蛇目(じゃのめ) 泰子さん

市内在住 47歳

7月14日号

大津 航正さん

7月9日の七夕まつりを主催する学生会HAKKEY+の代表を務める

大津 航正さん

関東学院大学3年 21歳

7月7日号

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月7日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook