港南区・栄区版 掲載号:2019年6月6日号 エリアトップへ

5月の総会で港南区体育協会の会長に就任した 古屋 文雄さん 港南区下永谷在住 75歳

掲載号:2019年6月6日号

  • LINE
  • hatena

「負け」が人生を大きくする

 ○…港南区とともに今年50周年を迎える港南区体育協会の会長にこのほど就任した。同会はスポーツごとに組織される15団体をとりまとめ、大会や区民向けイベントを主催している。「節目を迎えられるのは長年の関係者の努力があったからこそ。責任の重大さを感じ、活動をしっかり引き継いでいきたい」。対話を大事にして社会や時代の変化にも気配りをしていく。

 ○…66歳で退職するまで地域のことにはほとんど関わってこなかった。そんな中で教員として勤めたことなどを買われ、役員経験もなく町内会の会長を任された。そこから地域活動が増え、区体協でも昨年副会長に就いたばかり。「自分にはわからないことが多いので、詳しい人に聞きながら。けれど責任を持って一つひとつの相談に応じたい」

 ○…疎開先の山梨県で生まれ、南区で育った。体格のいい野球少年だったが、肩の不調で選手時代を全うすることはできなかった。夢をもう一度――と教員として母校の「Y校」(横浜商業高)に戻り、硬式野球部の監督を19年間務めた。強くしたい一心で厳しすぎた頃もある。だが部員のボイコットを機に指導方針を改め、チームの雰囲気は変わった。79年に46年ぶりの甲子園出場を果たすと、準優勝を含め春夏計8度出場の一時代を築いた。「『負け』の中にこそ成長のチャンスがある。悔し涙が人生を大きくする」。球児たちと同じ目線で味わった充実感あふれる日々は今も大きな宝だ。

 ○…Y校では校長も務め上げ、Y校と横浜市立大学のOB・OG会組織「進交会」では現在、代表理事を務める。歴史のある同校の関係者は多く、その調整には骨も折れるはずだ。「大変だけど、どういうわけか節目に役を担うことが多い。強運なんですよね」と一笑し、歩みを進めている。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

須田 次朗さん

港南地区保護司会会長に就任した

須田 次朗さん

野庭町在住 71歳

7月18日号

太田 雄一郎さん

(公社)横浜市獣医師会の会長に就任した

太田 雄一郎さん

港南区在住 65歳

7月11日号

中本 道生さん

永谷の昔を伝える「永谷ふるさと村」の事務局長を務める

中本 道生さん

上永谷在住 71歳

7月4日号

苗村 光彦さん

日野の郷土史「わがまち 横浜の日野」を自費出版した

苗村 光彦さん

日野南在住 79歳

6月27日号

滝沢 隆さん

栄区囲碁連盟の会長に6月2日に就任した

滝沢 隆さん

栄区桂台北在住 74歳

6月20日号

安藤 佳之さん

横浜港南台商店会の会長に就任した

安藤 佳之さん

港南台在勤 38歳

6月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク