中区・西区版 掲載号:2012年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

横浜弁護士会の会長に就任した 木村 保夫さん 港南区在住 59歳

市民にもっと身近な存在へ

 ○…神奈川県内の弁護士が加入する横浜弁護士会の会長にこのほど就任した。同会では、法律相談や犯罪被害者支援などの公益的な活動のほか、弁護士や同会の活動を紹介する「弁護士フェスタ」を毎年開催。「まだまだ『弁護士は敷居が高い』と思われている方が多い。今後は広報にも力を入れ、市民にもっと身近で頼りがいのある弁護士会を目指したい」と意気込みを語る。関内にある同会の法律相談センターを今年度中に横浜駅周辺などの利用しやすい場所へ移転することも検討中だという。

 ○…名古屋市で生まれ育つ。小さいころから「医者になって病気の人を治して役に立ちたい」と夢見ていたが、数学が苦手で「ひょんなことから」早稲田大学法学部に入学。「本当は早く脱出して医学部を受けなおしたかった」と笑う。しかし、時が経つにつれて「生きていても様々な悩みや事件、事故で苦しんでいる人が大勢いる。弁護士になることで人の役に立てるのでは」と思い直し、1982年に司法試験に合格して弁護士への道を歩み始めた。

 ○…いざ弁護士になってみると、市民の弁護士への相談のしづらさを痛感。弁護士会では刑事事件で逮捕された被疑者が起訴前から弁護を受けられる「当番弁護士」制度の実現に奮闘したり、自身の事務所では当時まだ珍しかった分かりやすい相談料の設定や「ナイター相談」、インターネットを使っての相談予約の仕組みを作った。「弁護士が身近ですぐに相談しやすい場所にいることが大切。困っている人を助けられるよう、私たちから動かなければ」と語る。

 ○…港南区在住。趣味は今も続ける野球とハンドボール。「元気を出すために声を出したり、熱中しやすかったり、今でも体育会系なのかな」と優しく微笑む。

「市民のための正義の味方でありたい」。熱く語るその胸には「自由と正義、公正と平等」を意味するバッジが輝き続ける。
 

中区・西区版の人物風土記最新6件

栗原 清剛さん

浅間台小で行う環境学習が文部科学省から表彰された、(有)マルニ商店常務の

栗原 清剛さん

2月1日号

加瀬 泰さん

横浜市民ミュージカルの原作である短編映画『アクアの肖像』を手がけた

加瀬 泰さん

1月25日号

黒沢 博さん

初の主演映画『30年目の本気』が完成した、元ヒロシ&キーボーのヒロシこと

黒沢 博さん

1月18日号

六川 光さん

「生たまご生プリン」が県名菓展菓子コンクール最優秀賞に輝いた

六川 光さん

1月11日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月4日号

林  博さん

5日に誕生50周年を迎える『伊勢佐木町ブルース』。その歌碑建立に奔走した

林 博さん

1月1日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

銭湯の歴史を読み解く

企画展

銭湯の歴史を読み解く

開港資料館で31日から

1月31日~4月22日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク