中区・西区版 掲載号:2013年12月26日号
  • googleplus
  • LINE

みなと赤十字病院 食物アレルギー知って 専門医が幼稚園教諭に

社会

エピペンの使い方を指導する兼松氏
エピペンの使い方を指導する兼松氏
 横浜市立みなと赤十字病院アレルギーセンターが12月13日、食物アレルギーとアナフィラキシーの講演会を、かながわようちえん会館で行った。

 会場には、市内の幼稚園教職員ら約100人が集まり、アレルギー専門医(小児科)・磯崎淳医長の講演に耳を傾けた。園児の約5%は食物アレルギーがあり、玉子、牛乳、小麦が三大原因食物だという。磯崎氏は「皮膚以外の呼吸器や消化器などの症状が出たら危険信号だ」と注意を呼びかけ、「年齢とともに食べられる傾向にあることを知ることも重要」と述べた。

 また、アナフィラキシーに対するアドレナリン自己注射「エピペン」の実技研修も実施。インストラクターの免許を持つ同センターの保健師・兼松直子氏が、「腿に5秒ほど打つ。1人ではなく、できれば3人くらいで注射してください」などと説明しながら、デモ機を用いて一人ひとりに指導していた。

自治会町内会へ入ろう!

いざという時に一番の助けになる身近な存在、それが「自治会町内会」

http://www.naka-kurenkai.org/entry/

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク