中区・西区版 掲載号:2014年1月30日号
  • googleplus
  • LINE

吉田町商店街 「BARの街」で映画祭 酒にまつわる作品上映

会場の十六夜スタジオの前で映画祭実行委員会のメンバーたち
会場の十六夜スタジオの前で映画祭実行委員会のメンバーたち
 中区の吉田町商店街で初となる「吉田まちなか映画祭2014」が1月31日(金)から2月2日(日)まで開催される。バーが多い同商店街ならではの「お酒にまつわる映画」を日替わりで上映し、地域活性化につなげる意向だ。

 イセザキモールと野毛の間にある約250メートルの短い通りに、バーと名のつく飲食店が30店近く集まる吉田町。主催の(社)吉田町名店街会(荒井浩理事長)

では、これまでバーの飲み歩きイベントなどを成功させてきた経緯から、昨年11月にお酒が映画の名シーンを彩る作品の上映会を思いつき、映画好きや元シネコン社員など若手メンバーらが集まって作品の選定から準備をすすめてきた。

 今回上映するのは全10作品。「カサブランカ」や「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」「次の朝は他人」などの映画を”食前酒”として楽しみ、2杯目からは実際のバーに繰り出してもらおうという趣向だ。吉田町に元南極料理人がいるバーがあることから、「オープニングの『南極料理人』(堺雅人主演)ははずせなかった。新旧名作揃い。上映前の歌謡ショーやトークショーなど手作り感満載の演出も見所の一つ」とスタッフの枝広昌己さん。いくつかのバーでは作品にちなんだカクテルも提供される。

 会場は同商店街内の「十六夜吉田町スタジオ」、「Archshp Lbrary&Cafe」、「南国酒屋・海風」の3カ所で定員制。上映時間は初日が午後7時から。観賞チケットは当日券のみ、各日午前9時30分から十六夜スタジオで販売。1作品観賞に対象店で使えるドリンク券2枚付き1800円、観賞に軽食・ドリンク券と初日か最終日のパーティ参加付きは2500円。「まちと映画、バーを融合させた地元ならではの映画祭。街中で見る映画の楽しさも味わってもらえれば」と映画祭実行委員の新村繭子さん。作品や上映時間の詳細は「吉田まちなか映画祭」でネット検索を。問合せは【電話】080・1345・6288まで。

自治会町内会へ入ろう!

いざという時に一番の助けになる身近な存在、それが「自治会町内会」

http://www.naka-kurenkai.org/entry/

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6件

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

今週末に開校

みなとみらい本町小学校

今週末に開校

3月29日号

震災の体験・いじめ知る

3.11復興支援講演会

震災の体験・いじめ知る

3月22日号

関内駅前に関東学院大

自治会に手作り頭巾贈呈

一本松小6年1組

自治会に手作り頭巾贈呈

3月15日号

「中区三師会」ロゴ決定

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク