中区・西区版 掲載号:2014年1月30日号

横浜吉田中新校歌

サザン原さんが作曲 教育

卒業式で披露へ

新校章と新校歌を校長室にも。右は出川校長
新校章と新校歌を校長室にも。右は出川校長
 昨年4月に開校した市立「横浜吉田中学校」(中区羽衣町・出川進校長)の校歌が、このほど完成した。作曲したのはサザンオールスターズの原由子さん。作詞も一部手掛けた。昨年統合された吉田中学校の卒業生という縁から実現した。

 横浜吉田中学校(生徒数401人)は、富士見中(中区山田町)の耐震性不足と小規模対策を理由に、吉田中との統合により昨年4月2日に開校した市立の新校。富士見が51年、吉田は66年と、互いに長い歴史を持つ伝統校のため、校舎は旧吉田中を活用するものの校名は新たにした。それにともない新しい校歌や校章も必要になっていた。

 「生徒が声高らかに歌える校歌にしたい」(出川校長)との思いから、同校は地域住民や保護者らに相談。卒業生の縁から吉田中出身でサザンオールスターズメンバーの原由子さんに作曲依頼することができた。同校によると、原さんの完全なボランティアだという。新校歌は、3月の卒業式で初めて披露される。

 詞は、昨年7月ごろに全校生徒から募集し、応募のあった作品をもとに生徒会が中心となり原案をつくった。それを原さんが一部編集し、曲を乗せたかたちだ。

 出川校長は旋律を聴き「とても優しいメロディー。原さんらしいと思った」と感想を語る。また、「忙しい中、曲を手がけて頂き夢のよう。感謝しきれない」と話す。

 作詞にあたり原案をまとめた生徒会は、統合した2つの学校への思いを踏まえ、言葉を必死に選んだという。出川校長は「生徒が何度も集まり、検討している姿が印象的」と振り返る。

 新たな校章もこのほど完成。こちらも夏休みに生徒から図案を募集し、30以上の中から3つに絞り、全校生徒の投票で決めた。「横」浜「吉」田の 2つの「Y」を両翼にし、中央にはランドマークタワーのイメージを配した。全体として将来に向かって枝葉を延ばす樹をイメージしている。

桜木町駅前ホテル内のスイミング

ベビーから大人まで無料体験実施中!

http://www.breezbay-fit.co.jp

確定申告の季節です。

青色申告のことならなんでもお気軽に

http://www.yokohamaaoiro.com/

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6件

刷新3年遅れ、費用3倍に

横浜市ホームページ

刷新3年遅れ、費用3倍に

1月19日号

歩行者用通路の計画策定

横浜駅みなみ東口地区

歩行者用通路の計画策定

1月19日号

長島氏が出馬を表明

横浜市長選

長島氏が出馬を表明

1月12日号

山手消防団に大臣感謝状

100周年に向けスタート

中区長インタビュー

100周年に向けスタート

1月5日号

「協働でより良い西区を」

西区長インタビュー

「協働でより良い西区を」

1月5日号

関連記事(ベータ版)

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域デビューのきっかけに

講演会

地域デビューのきっかけに

23日、山崎亮さんが語る

2月23日~2月23日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク