中区・西区版 掲載号:2015年12月3日号
  • googleplus
  • LINE

中区・西区の少年野球連盟共催の初大会で優勝した山手メイツの監督を務める 笹川 計司さん 中区簑沢在住 52歳

野球少年と歩んで14年

 ○…中区や市の数々の大会で優勝を重ねる強豪少年野球チーム「山手メイツ」の監督を14年間務める。毎週土日に練習や遠征、大会に参加し続ける日々。「大変なのは選手や保護者の方々。自分は好きな野球に携わる機会を頂き、選手たちの頑張りに負けないようにと逆に元気をもらっている」と周囲への感謝を語る。

 ○…川崎で生まれ育ち、結婚を機に23歳で中区へ。小さい頃から野球が好きで長嶋茂雄に憧れ、小学校で地元の少年野球チームに入団。ポジションはずっとキャッチャーで、高校時代に怪我で辞めるまで野球漬けの日々だった。「これでもうユニフォームに袖を通す機会はないかな」と思っていたが、15年前に次男が山手メイツに入団し、自身もコーチとして誘われた。そして翌年に監督就任の打診。不安もあったが「やるからにはチームを強くしたい」と一念発起。練習方法などを一から見直し、基礎技術の反復に力を入れた。「子どもたちの野球人生は今後も続く。この時期にしっかりと基礎を身につけることが中学、高校、その後に必ず役に立つ」と語る。

 ○…平日は製薬会社の営業マンとして都内に勤務。金曜夜の仕事がどんなに遅くなっても翌日の練習が楽しみで、「休みたいと思ったことはない」と笑う。今季はこれまで16大会中7大会優勝と圧倒的な強さを誇るが「優勝とか順位は二次的なもので選手に結果を強いることはない。それよりも自分の役割を果たす大切さや、練習の積み重ねが結果につながる達成感など、社会に出てからも通じる理念を子どもたちに伝えていきたい」と力説する。

 ○…長男次男に加え、長女も野球に熱中し、今も大学で続けている。「妻もずっと子どもたちを応援しているし、みんな野球に夢中です」。今後の夢は自分が育てたチームOBが大人になって戻ってきて、監督を譲ること。高校や大学で活躍する選手も多く、そう遠くない未来に叶いそうだ。

桜木町駅前ホテル内のスイミング

ベビーから大人まで無料体験実施中!

http://www.breezbay-fit.co.jp

確定申告の季節です。

青色申告のことならなんでもお気軽に

http://www.yokohamaaoiro.com/

<PR>

中区・西区版の人物風土記最新6件

小松崎 啓子さん

浅間台小学校で育つ夏みかんを使い、児童とのマーマレード作りを20年続ける

小松崎 啓子さん

2月15日号

藤田 善宏さん

関内ホール自主公演『ライトな兄弟』の作・演出・振付で文化庁芸術祭新人賞を受賞した

藤田 善宏さん

2月8日号

栗原 清剛さん

浅間台小で行う環境学習が文部科学省から表彰された、(有)マルニ商店常務の

栗原 清剛さん

2月1日号

加瀬 泰さん

横浜市民ミュージカルの原作である短編映画『アクアの肖像』を手がけた

加瀬 泰さん

1月25日号

黒沢 博さん

初の主演映画『30年目の本気』が完成した、元ヒロシ&キーボーのヒロシこと

黒沢 博さん

1月18日号

六川 光さん

「生たまご生プリン」が県名菓展菓子コンクール最優秀賞に輝いた

六川 光さん

1月11日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域デビューのきっかけに

講演会

地域デビューのきっかけに

23日、山崎亮さんが語る

2月23日~2月23日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク