中区・西区版 掲載号:2016年2月11日号 エリアトップへ

西前小児童 「フェアトレードに協力を」 藤棚一番街で販売会

教育

掲載号:2016年2月11日号

  • LINE
  • hatena
販売会を行った5年3組の児童たち
販売会を行った5年3組の児童たち

 市立西前小学校5年3組(谷口英幸教諭)の児童が2月2日と3日、藤棚一番街の軒先でフェアトレードショップ「スマイルマックス」を開店し、チョコレートやコーヒーなどを販売した。

 これは、同クラスが今年度の総合学習で「開発途上国の児童労働」や「フェアトレード」について学んだのがきっかけ。世界には自分たちと同じような年齢の子どもたちが満足な教育も受けられず、労働に従事しなければいけない状況を学んだ児童たち。「かわいそう」「助けたい」という意見が出た中で、その手段として考えたのが「フェアトレード」だった。

 フェアトレード(公平な貿易)とは、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易の仕組み」。「募金も考えたが、お金は使えば無くなってしまう。ならば、安定した仕事づくりを支援するフェアトレードに協力しよう、ということになりました」と谷口教諭。

 当日は、児童たちが学んだことを書き記した模造紙を飾り、フェアトレード認証を受けた商品を販売。児童の呼びかけに買い物客らも足を止め、2日間ともに1時間足らずで完売した。児童のひとり、戸田宜彰くん(11)は「全部売れて楽しかった。これで少しでも多くの人がフェアトレードについて知ってもらえたら」と笑顔。谷口教諭は「小学5年生には全てを理解するのは難しかったかもしれないが、みんな一生懸命調べて勉強した。この経験を活かし、今後も周りに呼びかけてもらえたら」と話した。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6

カラフルな世界を体感メキシコのトイ&ドール

カラフルな世界を体感メキシコのトイ&ドール 文化

人形の家で企画展 7月18日まで

5月26日号

セーリング無料体験会

セーリング無料体験会 スポーツ

八景島などで 参加者募集

5月26日号

夏のオリジナル商品

最短3週間

夏のオリジナル商品 社会

5月26日号

個性的なキャラが説明

プラスチック資源循環法

個性的なキャラが説明 社会

市資源循環局が動画配信

5月26日号

自分で持ち歩く時代へ

フォークもスプーンも

自分で持ち歩く時代へ 社会

記念品、販促品作れます

5月26日号

家庭菜園のススメ

特別コラム

家庭菜園のススメ 社会

野菜ソムリエプロ 市内在住・緒方湊さん

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook