中区・西区版 掲載号:2016年4月7日号 エリアトップへ

YC&ACラグビー 150周年で記念大会 日本発祥の地で熱き戦い

スポーツ

掲載号:2016年4月7日号

  • LINE
  • hatena
往年の選手たちが熱い戦いを繰り広げた
往年の選手たちが熱い戦いを繰り広げた

 中区矢口台にある日本最古のスポーツクラブ「横浜カントリー&アスレチッククラブ」(YC&AC)で4月2日、日本ラグビー150年を記念した大会が開かれた。小学生や女子チームのほか、往年のメンバーも参加して、周年を祝った。

 この大会は、150年前にYC&ACの前身の一つであるラグビー団体「横浜フットボールクラブ」が、現在の横浜中華街周辺の居留地でラグビーチームを設立し、”日本で初めて”プレーしたことを記念して行われたもの。その後YC&ACに引き継がれたチームはアジアでは最古、そして世界でも10番目以内の古いものだという。

 当日は、県内外の小学生チームや7人制女子チームの試合のほか、「伝統の港対抗戦」としてYC&ACとKR&AC(神戸レガッタ&アスレチッククラブ)が対戦。

 還暦を超えた往年の選手たちがこの日のために集い、再会を喜びながら熱い戦いを繰り広げた。

日本のラグビー発祥に新説

 これまで日本のラグビー発祥は、1899年に英国人のクラーク氏が慶應義塾の学生に教えたのが始まりとされ、同大日吉キャンパスのラグビー場には「日本ラグビー蹴球発祥記念碑」が建てられている。しかし、YC&ACは、その30年以上前の66年当時に居留地で外国人らがプレーしていたとする。横浜開港資料館で当時の新聞など史料を調べ、英国の「ワールドラグビーミュージアム」で19世紀の資料を発掘・検証してきた。クラブでは「99年は日本人がラグビーをした年。その30年以上前から外国人が日本でラグビーを楽しんでいたことを知ってもらえたら」と話す。2019年のラグビーW杯決勝戦が横浜で行われることもあり、クラブでは機運を盛り上げようと居留地のあった場所に記念碑の設置を市に働きかけている。

中区・西区版のトップニュース最新6

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

マルシェで「地産地消」促進

中区

マルシェで「地産地消」促進 社会

SDGs推進の一助に

5月19日号

ウクライナ避難民を支援

横浜市

ウクライナ避難民を支援 社会

MMに交流カフェ開設

5月12日号

本牧の藤野さん県代表に

ベストオブミス

本牧の藤野さん県代表に 社会

今秋、全国大会へ

5月12日号

海外移住資料館が一新

JICA横浜

海外移住資料館が一新 文化

多文化共生の理解深化に

5月5日号

「医美アワード」で最優秀賞

医療用テープ

「医美アワード」で最優秀賞 社会

平沼拠点の2人が制作

4月28日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook