中区・西区版 掲載号:2016年7月14日号 エリアトップへ

魚の美味しさを伝えようと保育園などでさつま揚げの体験教室を行う 今井 宏之さん 西区中央在住 36歳

掲載号:2016年7月14日号

  • LINE
  • hatena

さつま揚げから、笑顔を

 ○…西区の藤棚商店街で65年続く老舗「今井かまぼこ」の3代目。バンダナ姿で店頭や作業場で忙しく働きながらも、いつも絶やさぬ優しい笑顔が印象的だ。「さつま揚げって、日本古来からの魚食文化の一つだけど、まだまだもっとおもしろいものを造れる。さつま揚げができることって、もっと沢山あると思うんです」と楽しそうに語る。

 ○…店舗2階に実家があり、まさに藤棚商店街で生まれ育つ。小さいころから祖父や父が働く姿を見てきた。「でも、子どもの頃は店を継ぐ意識はなかった」と話すが、転機となったのは26歳の時。店で働いていた祖父が体調を崩して倒れ、皆が駆け寄る最中に客が訪れた。すると、倒れている祖父が真っ先に「いらっしゃい、何にする」と声を掛ける姿を見て、「格好良くて、なんだか感動した。自分も一生の仕事にしたいと思った」と振り返る。

 ○…そこからは一念発起。自分の理想とするさつま揚げを探求するために横浜から沖縄まで自転車で「練り物食べ歩きの旅」に出た。1日3食ひたすら各地のさつま揚げを食べる旅。でも、人気の品々が冷凍のすり身を使って機械で作られているものが多い実情に驚き、「手造りで自分たちにしかつくれないものを。さつま揚げから、笑顔を生み出したい」と決意した。店に入って今年でちょうど10年。金沢区の小柴漁港から新鮮な魚を分けてもらい、市内の野菜生産者とも関係を築き、季節ごとのここでしか食べられない商品たちが店頭を飾っている。

 ○…店舗兼実家の裏の自宅に妻と2人の娘と暮らす。高校・大学時代に夢中になったギターやバンド活動は店に入ってぱったりと辞めたが、愛娘の笑顔に優る癒しはない。店では両親と、娘を背負いながら働く妻の姿。「家族がいつも一緒にいる感じ。これって自営ならではの幸せかな」。古き良き面影を残す商店街で理想を追い求める3代目の活躍が今後も期待される。

中区・西区版の人物風土記最新6

土屋 トカチさん

1月30日にオンライン上映会が行われる『アリ地獄天国』を撮った映画監督

土屋 トカチさん

中区長者町在勤 49歳

1月21日号

松本 隆之介さん

横浜DeNAベイスターズに入団した

松本 隆之介さん

戸塚区出身 18歳

1月14日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月7日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月1日号

小畑 光さん

山手警察署管内の交番の歴史を伝えるパネル展を企画した

小畑 光さん

中区本牧宮原在勤 33歳

12月17日号

渡邊 絵里香さん

ミス・アース・ジャパン2020神奈川代表として戸部警察署で1日署長を務めた

渡邊 絵里香さん

戸部町在住 19歳

12月10日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月7日12:21更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク