中区・西区版 掲載号:2016年8月25日号
  • googleplus
  • LINE

本牧「ゴールデンカップ」 再生に向け新たな一歩 身近なライブハウスに

社会

同店に出演した阿部さん(右手前)=8月6日
同店に出演した阿部さん(右手前)=8月6日
 伝説のライブハウスとして知られる本牧の『ゴールデンカップ』=本牧町1の46=が4月にリニューアルオープンし、連日ミュージシャンがステージを飾るなど新たな一歩を踏み出した。

 ベトナム戦争真っ最中の1964年12月に誕生したゴールデンカップ。米軍の接収地近くの立地とあって米兵らが集い連日連夜、にぎわったという。人気グループサウンズバンド「ザ・ゴールデン・カップス」を輩出したことでも知られる。

 接収解除後、米兵の足は途絶え客足も遠のいていった。近年、経営が低迷するなかで伝説のライブハウス復活を願い、市内で観光業を営んでいた尾崎千代太郎さん(67)が経営を引き継ぐことになった。

 18・19歳から同店に出入りしていたという尾崎さんは「『カップ』をなくしちゃいけない」と語気を強める。実際の経営は、ミュージシャンでもある小高和男さん(65)がビジネスマネジャーとして担い、尾崎さんは顧問として支える。

手相などの占いも

 8月6日にバンド『RenSationS』のボーカルとして出演した阿部蓮生さん(55)は、これまでカルチャー教室で子ども向け英会話の講師を務めるかたわら、手相やタロット占いも行っており、当日は演出の一環として来店者の手相をみるなど、音楽だけではない新たな魅力づくりに挑戦する。阿部さんは今後、新生ゴールデンカップを拠点に活動する予定だ。

 地域との交流を重視する尾崎さんは「若い人にももっと来てもらえるようなお店をめざします。ぜひ気軽に来店ください」と呼びかけている。(問)【電話】045・623・9353(午後6時〜、月曜休)。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

「危険ブロック塀」緊急点検

毒物テロ想定の訓練実施

「負けられない戦い」長者町でも

サッカーW杯

「負けられない戦い」長者町でも

6月28日号

こんにゃく芋で友好交流

市と昭和村

こんにゃく芋で友好交流

6月28日号

夏季はアロハで快適に

JICA横浜

夏季はアロハで快適に

6月28日号

ゴールデンカップスら出演

7月15日

ゴールデンカップスら出演

6月28日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

青少年交響楽団が公演

青少年交響楽団が公演

一般公募児童の演奏も

7月16日~7月16日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月28日号

お問い合わせ

外部リンク