中区・西区版 掲載号:2017年4月27日号
  • googleplus
  • LINE

地図にない我が街を知る 開港資料館で特別展始まる

文化

ポスターには本牧十二天の絵も
ポスターには本牧十二天の絵も
 中区日本大通の横浜開港資料館で、2017年度第1回となる企画展「横浜・地図にない場所―消えたものから見えてくる、ハマの近代」が始まった。7月17日(月・祝)まで。

 特別展では幕末から昭和戦前期までの地図や絵葉書など約120点の資料を中心に、都市部の拡大や災害で変化していった街の様子を紹介する。

 本牧十二天海岸(現在の市中部水再生センター)や平沼新田(現在の平沼小学校付近)など、今は失われた場所や地名の足跡を知ることができる。

 開館時間は午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)。5月27日、6月2日、7日は午後7時まで開館。会期最終日を除く月曜休館。入館料は一般200円、小中学生100円。横浜セントラルタウンフェスティバル開催中の5月27日、28日および開港記念日の6月2日は入館無料。

 詳細は同館【電話】045・201・2100へ。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

ドラマでも話題のチアダンスなら

2年連続日本一の、横浜本牧のチアリーディングスクール。一般クラス体験受付中!

http://www.dolsta.jp/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク