中区・西区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

活性化実証実験 大通り公園が屋外カフェに 3月21日から4日間

社会

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena
パラソルも(前回の様子)
パラソルも(前回の様子)

 公共空間活性化の一環として大通り公園にオープンカフェが出現する。開催日は3月21日(水・祝)・22日(木)・23日(金)・24日(土)の4日間で、時間は各日午前10時30分から午後3時30分ごろまで。

 会場となるのは、関内駅に近い大通り公園第1・2区。期間中は2台のキッチンカーが並び会場にはいす、テーブル、ハンモックなどが設置される。

 またふれあいラグビーやヨガ、クライミングウォールなど体験型イベントも実施予定。「パラソルカフェ&パラソルマルシェ」として、本格ケバブやクレープ、ケーキ、ハンバーガーなどの飲食販売も行われる(イベントおよび飲食の内容は開催日で異なる)。

 この取組みは市都市整備局都心再生課が主催するもので、民間事業者や個人の計29事業者と連携して実施する。同所では昨年3月と11月に引き続き3回目の実証実験となる。

 関内駅周辺は、今後、市庁舎移転などもあり活性化が課題。そこで公園などの公共空間を有効活用し、魅力的な場にすることを検証しようと企画された。都心再生課では、大通り公園を活性化することで、再整備される横浜文化体育館とイセザキ・モールのあいだの回遊性向上を目指す。

 主催する都心再生課では「大通り公園は関外地区の背骨。この空間を有効活用して地域の活性化につなげたい」と話している。

中区・西区版のローカルニュース最新6

自家製バンズで作る干し野菜入りハンバーガー

「海を見ながら...」

柳原良平アートミュージアム

「海を見ながら...」 文化

特集展示、12月22日まで

10月17日号

デジタルで創り出す体験型水族館

本牧ふ頭へ新バス便

本牧ふ頭へ新バス便 経済

港湾勤務者の利便向上図る

10月17日号

日本・台湾での滞在制作語る

象の鼻テラス

日本・台湾での滞在制作語る 文化

アーティスト交流事業で

10月17日号

第三地区コンサートに700人

専門医に聞く「おしりの話」

あっとほーむデスク

  • 9月26日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク