中区・西区版 掲載号:2018年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川県供給公社ビルがリニューアル ”Kosha33”が誕生 スタジオ、カフェ、ホール、ラボを新設

社会

テープカットを行う黒岩知事、公社の猪股理事長、シニアライフ振興財団の安室理事長(右から)
テープカットを行う黒岩知事、公社の猪股理事長、シニアライフ振興財団の安室理事長(右から)
 神奈川県住宅供給公社=中区日本大通33番地=では今月2日、同公社ビル内に「Kosha33」をオープンさせ、これに先立ちオープニングセレモニーと内覧会が、3月20日に行われた。

 スタジオ、カフェ、ホール、ライフデザインラボの4つが新設され、住まいや暮らしについて情報発信を行っていく。カフェは気軽に立ち寄れる場所として利用できるほか「生涯自立」の実現をキーワードに健康メニューの開発なども行い、ラボではワークショップやイベントを開催していくという。出席した黒岩知事は「未病改善の新たな拠点として県として最大限活用させて頂ければ」と話し、猪股理事長は「モノからコトへの選択肢の一つとして、それぞれのライフデザインに合った「生涯賃貸」を提案していきたい」と話した。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

中高年も該当、浮き彫りに

横浜市内ひきこもり

中高年も該当、浮き彫りに

4月19日号

横浜の中心部が花一色に

2部門で全国優勝

利便性と自然環境を前面に

企業リポート「相鉄グループ」

利便性と自然環境を前面に

4月19日号

ホームドアが稼働開始

みなとみらい駅

ホームドアが稼働開始

4月19日号

横浜への愛着、9割

中区

横浜への愛着、9割

4月19日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク