中区・西区版 掲載号:2018年5月17日号
  • LINE
  • はてぶ

伊勢佐木町 ニューテアトルが閉館 映画館46年の歴史に幕

文化

6月1日での閉館を告げる入口のチラシを、足を止めて見つめる人の姿も多く見られた
6月1日での閉館を告げる入口のチラシを、足を止めて見つめる人の姿も多く見られた
 伊勢佐木町の映画館「横浜ニューテアトル」が6月1日に閉館し、46年の歴史に幕を閉じる。

 前身の横浜テアトルを引き継ぐ形で1972年7月に開館した同館。座席は118席で、近隣のミニシアターも含めて観賞する人など劇場自体のファンも多かった。

 かつては『スタンド・バイ・ミー』や『バットマン』などロードショー作品を上映していたが、近年はロングラン作品や単館系作品を取り上げていた。地元横浜を題材にした作品も多く、2006年の『ヨコハマメリー』公開時には劇場外まで行列ができたという。

 同館によれば、閉館はスタッフの健康問題や売り上げの減少などが主な理由。映画館の継承などの話しは現時点では出ていないという。

 同館の長谷川喜行社長(56)は「皆さんに支えられてここまで来られたことに感謝します。閉館発表後初めて来る方も多く、まだ来たことない方も足を運んでいただけると幸いです」と話す。

 同館では2つのお別れイベントを実施。このうち5月27日には『この世界の片隅に』『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕須直監督の舞台挨拶が行われる。片渕監督は以前から同館と関わりが深く、お別れイベントとして同館が依頼した。舞台挨拶付き上映の販売は5月19日午前9時から同館窓口で。詳細は同館【電話】045・261・2995。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

神社の小麦で「サブレ」

パン、菓子の「本牧館」

神社の小麦で「サブレ」

10月18日号

創業60年目に本館新装

タウンBiz経済ニュース

創業60年目に本館新装

10月18日号

食べきれない料理持ち帰りを

食品ロス削減推進

食べきれない料理持ち帰りを

10月18日号

幻のオオハラホール知っていますか?

横浜港の四季折々を楽しむ

横浜港振興協会

横浜港の四季折々を楽しむ

10月18日号

「プリキュア」みなとみらいに

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク